Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

8.3. GRUB 設定ファイルを使用してデフォルトのブートエントリーを変更する

デフォルトのカーネルパッケージタイプを指定して、デフォルトのブートエントリーを変更できます。

手順

  1. grub2-set-default コマンドにインデックスを渡して、デフォルトでロードするオペレーティングシステムまたはカーネルを指定します。以下に例を示します。

    # grubby --set-default-index=1
    The default is /boot/loader/entries/d5151aa93c444ac89e78347a1504d6c6-4.18.0-348.el8.x86_64.conf with index 1 and kernel /boot/vmlinuz-4.18.0-348.el8.x86_64

    GRUB は、/boot/grub2/grubenvsaved_entry ディレクティブのキーとして数値を使用して、オペレーティングシステムがロードされるデフォルトの順序を変更することをサポートしています。

    注記

    インデックスカウントはゼロから始まります。したがって、前の例では、GRUB は 2 番目のエントリーをロードします。次にインストールされたカーネルで、インデックス値は上書きされます。

    注記

    grubby を使用して、カーネルのインデックスを見つけることもできます。詳細は、カーネルの GRUB メニューエントリーの表示 を参照してください。

  2. オプション: システムが常に特定のメニューエントリーを使用するように強制します。

    1. 利用可能なメニューエントリーを一覧表示します。

      # grubby --info=ALL
    2. /etc/default/grub ファイルの GRUB_DEFAULT ディレクティブのキーとして、メニューエントリー名またはリスト内のメニューエントリーの位置番号を使用します。以下に例を示します。

      GRUB_DEFAULT=example-gnu-linux
  3. 変更を有効にするために grub.cfg ファイルを再ビルドします。

    • BIOS ベースのマシンで、次のように入力します。

      # grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
    • UEFI ベースのマシンでは、次のように入力します。

      # grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg