Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 カーネルモジュールの管理

以下のセクションでは、カーネルモジュールの概要、カーネルモジュールの表示方法、カーネルモジュールでの基本的な管理タスクの実行方法を説明します。

2.1. モジュールの紹介

Red Hat Enterprise Linux カーネルは、システムを再起動しなくても、カーネルモジュールと呼ばれる追加機能で拡張できます。Red Hat Enterprise Linux 8 では、カーネルモジュールは追加のカーネルコードで、圧縮された <KERNEL_MODULE_NAME>.ko.xz オブジェクトファイルに組み込まれています。

カーネルモジュールにより有効になっている最も一般的な機能は、以下のとおりです。

  • 新しいハードウェアへのサポートを強化するデバイスドライバー
  • GFS2NFS などのファイルシステムのサポート
  • システムコール

最新のシステムでは、必要に応じて自動的にカーネルモジュールが読み込まれます。ただし、場合によっては、モジュールを手動でロードまたはアンロードする必要があります。

モジュールは、カーネル自体と同様に、必要に応じてその動作をカスタマイズするパラメーターを受けることができます。

ツールでは、現在実行しているモジュール、カーネルに読み込みできるモジュール、モジュールが受け入れるパラメーターを調べることができます。このツールは、実行中のカーネルに、カーネルモジュールのロードおよびアンロードを行うためのメカニズムを提供します。