Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

6.2. ブートローダー仕様の概要

BootLoader Specification (BLS) は、ブートローダー設定ファイルを操作せずに、ドロップインディレクトリーの各起動オプションのブートローダー設定を管理するスキームとファイル形式を定義します。前述の方法とは異なり、各ブートエントリーはドロップインディレクトリーの個別の設定ファイルで表されるようになりました。ドロップインディレクトリーは、設定ファイルを編集または再生成せずに設定を拡張します。BLS は、ブートメニューエントリーのこの概念を拡張します。

BLS を使用すると、ディレクトリー内の個々のブートエントリーファイルを追加、削除、または編集して、ブートローダーメニューのオプションを管理できます。これにより、カーネルのインストールプロセスがはるかに簡素化され、異なるアーキテクチャーの間でこのプロセスの一貫性を保つことができます。

grubby ツールは、BLS に関するシンラッパースクリプトで、同じ grubby 引数およびオプションをサポートします。dracut を実行して、初期 ramdisk イメージを作成します。この設定では、コアブートローダーの設定ファイルは静的で、カーネルのインストール後に変更されません。

RHEL 8 では、同じブートローダーがすべてのアーキテクチャーで使用されているわけではないため、RHEL 8 には特に該当します。GRUB は、64 ビット ARM などのほとんどのアーキテクチャーに使用されますが、Open Power Abstraction Layer (OPAL) を使用する IBM Power Systems のリトルエンディアンバリアントは Petitboot を使用し、IBM Z アーキテクチャーは zipl を使用します。

関連情報