Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.3. kdump サービスの無効化

システムの起動時に kdump を無効にするには、以下の手順を行います。

前提条件

手順

  1. 現在のセッションで kdump を停止するには、以下のコマンドを実行します。

    # systemctl stop kdump.service
  2. kdump を無効にするには、以下を行います。

    # systemctl disable kdump.service
警告

kptr_restrict=1 を設定することが推奨されます。これにより、Kernel Address Space Layout (KASLR) が有効かどうかにかかわらず、kdumpctl はクラッシュカーネルを読み込みます。

トラブルシューティングの手順

kptr_restrict が (1) に設定されておらず、KASLR が有効になっている場合は、/proc/kcore ファイルの内容がすべてゼロとして生成されます。したがって、kdumpctl サービスは /proc/kcore にアクセスしてクラッシュカーネルを読み込むことができません。

この問題を回避するために、kptr_restrict=1 の設定を推奨する警告メッセージが /usr/share/doc/kexec-tools/kexec-kdump-howto.txt ファイルに表示されます。

kdumpctl サービスが必ずクラッシュカーネルを読み込むように、kernel.kptr_restrict=1sysctl.conf ファイルに含まれていることを確認します。