Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.3. kdump ターゲットの設定

クラッシュダンプは通常、ローカルファイルシステムにファイルとして保存され、デバイスに直接書き込まれます。または、NFS プロトコルまたは SSH プロトコルを使用して、ネットワーク経由でクラッシュダンプを送信するように設定できます。クラッシュダンプファイルを保存するオプションは、一度に 1 つだけ設定できます。デフォルトの動作では、ローカルファイルシステムの /var/crash/ ディレクトリーに保存されます。

前提条件

手順

  • ローカルファイルシステムの /var/crash/ ディレクトリーにクラッシュダンプファイルを保存するには、/etc/kdump.conf ファイルを変更して、パスを指定します。

    path /var/crash

    path /var/crash オプションは、kdump がクラッシュダンプファイルを保存するファイルシステムへのパスを表します。/etc/kdump.conf ファイルでダンプターゲットを指定すると、path は指定されたダンプ出力先に対する相対パスになります。

    ダンプターゲットが /etc/kdump.conf ファイルで指定されていない場合には、path はルートディレクトリーからの絶対パスになります。現在のシステムにマウントされている内容に応じて、ダンプターゲットと調整されたダンプパスが自動的に適用されます。

警告

kdump は、ダンプターゲットが /var/crash にマウントされ、オプションの path/etc/kdump.conf ファイルの /var/crash として設定されている場合に、クラッシュダンプファイルを /var/crash/var/crash ディレクトリーに保存します。たとえば、以下の例では、ext4 ファイルシステムが /var/crash にすでにマウントされており、 path/var/crash として設定されます。

# grep -v ^# /etc/kdump.conf | grep -v ^$
ext4 /dev/mapper/vg00-varcrashvol
path /var/crash
core_collector makedumpfile -c --message-level 1 -d 31

そのため、/var/crash/var/crash パスが作成されます。この問題を解決するには、path /var/crash の代わりに path / オプションを使用します。

  • クラッシュダンプを保存するローカルディレクトリーを変更するには、root で、以下のように /etc/kdump.conf 設定ファイルを変更します。

    1. #path /var/crash の行頭にあるハッシュ記号 ("#") を削除します。
    2. 値を対象のディレクトリーパスに置き換えます。以下に例を示します。

      path /usr/local/cores
      重要

      RHEL 8 では、kdump systemd サービスの開始時に、path ディレクティブを使用して kdump ターゲットとして定義されたディレクトリーが存在している必要があります。存在していないと、サービスが失敗します。この動作は、サービスの起動時にディレクトリーが存在しなかった場合は自動的に作成されていた RHEL の以前のリリースとは異なります。

  • 別のパーティションにファイルを書き込むには、root で、以下のように /etc/kdump.conf 設定ファイルを編集します。

    1. 必要に応じて #ext4 の行頭にあるハッシュ記号 ("#") を削除します。

      • デバイス名 (#ext4 /dev/vg/lv_kdump 行)
      • ファイルシステムラベル (#0ext4 LABEL=/boot 行)
      • UUID (#ext4 UUID=03138356-5e61-4ab3-b58e-27507ac41937 の行)
    2. ファイルシステムタイプと、デバイス名、ラベル、UUID を希望の値に変更します。以下に例を示します。

      ext4 UUID=03138356-5e61-4ab3-b58e-27507ac41937
      重要

      LABEL= または UUID= を使用してストレージデバイスを指定することが推奨されます。/dev/sda3 などのディスクデバイス名は、再起動しても一貫性は保証されません。

      重要

      IBM Z ハードウェア上の Direct Access Storage Device (DASD) にダンプする場合、処理を行う前に /etc/dasd.conf でダンプデバイスが正しく指定されている必要があります。

  • クラッシュダンプを直接書き込むには、/etc/kdump.conf 設定ファイルを修正します。

    1. #raw /dev/vg/lv_kdump の行頭にあるハッシュ記号 ("#") を削除します。
    2. 値を対象のデバイス名に置き換えます。以下に例を示します。

      raw /dev/sdb1
  • NFS を使用してリモートマシンにクラッシュダンプを保存するには、/etc/kdump.conf 設定ファイルを編集します。

    1. #nfs my.server.com:/export/tmp の行頭にあるハッシュ記号 ("#") を削除します。
    2. 値を、正しいホスト名およびディレクトリーパスに置き換えます。以下に例を示します。

      nfs penguin.example.com:/export/cores
  • SSH を使用してリモートマシンにクラッシュダンプを保存するには、/etc/kdump.conf 設定ファイルを編集します。

    1. #ssh user@my.server.com の行頭にあるハッシュ記号 ("#") を削除します。
    2. 値を正しいユーザー名およびホスト名に置き換えます。
    3. SSH キーを設定に含めます。

      • #sshkey /root/.ssh/kdump_id_rsa の行頭にあるハッシュ記号 ("#") を削除します。
      • 値を、ダンプ先のサーバー上の正しいキーの場所に変更します。以下に例を示します。

        ssh john@penguin.example.com
        sshkey /root/.ssh/mykey