Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第5章 ランタイム時のカーネルパラメーターの設定

システム管理者は、ランタイム時に Red Hat Enterprise Linux カーネルの動作を多数変更できます。本セクションでは、sysctl コマンドを使用し、/etc/sysctl.d//proc/sys/ ディレクトリーにある設定ファイルを変更して、ランタイム時にカーネルのパラメーターを設定する方法を説明します。

5.1. カーネルパラメーターとは

カーネルパラメーターは、システムの実行中に調整できる調整可能な値です。変更を有効にする場合でも、カーネルの再起動や再コンパイルは不要です。

以下を使用してカーネルパラメーターに対応できます。

  • sysctl コマンド
  • /proc/sys/ ディレクトリーにマウントされている仮想ファイルシステム
  • /etc/sysctl.d/ ディレクトリー内の設定ファイル

調整可能パラメーターは、カーネルサブシステムでクラスに分割されます。Red Hat Enterprise Linux には、以下の調整可能のクラスがあります。

表5.1 sysctl クラスの表

調整パラメーターのクラスサブシステム

abi

実行ドメインおよびパーソナリティー

crypto

暗号化インターフェイス

debug

カーネルのデバッグインターフェイス

dev

デバイス固有の情報

fs

グローバルおよび固有の調整可能なファイルシステム

kernel

グローバルなカーネルの設定項目

net

ネットワークの設定項目

sunrpc

Sun Remote Procedure Call (NFS)

user

ユーザー名前空間の制限

vm

メモリー、バッファー、およびキャッシュのチューニングと管理

重要

プロダクションシステムでカーネルパラメーターを設定するには、慎重なプランニングが必要です。プランニングが欠如した変更では、カーネルが不安定になり、システムの再起動が必要とることがあります。カーネル値を変更する前に、有効なオプションを使用していることを確認してください。

関連情報

  • sysctl(8) および sysctl.d(5) の man ページ