Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第15章 コマンドラインで kdump の設定

kdump 用メモリーは、システムの起動時に予約されます。メモリーサイズは、システムの GRUB (Grand Unified Bootloader) 設定ファイルで設定されています。メモリーサイズは、設定ファイルで指定された crashkernel= 値と、システムの物理メモリーのサイズにより異なります。

15.1. kdump サイズの見積もり

kdump 環境の計画および構築を行う際に、クラッシュダンプファイルに必要な領域を把握しておくことが重要です。

makedumpfile --mem-usage コマンドは、クラッシュダンプファイルに必要な領域を推定し、メモリー使用量に関するレポートを生成します。このレポートは、ダンプレベルと、除外して問題ないページを判断するのに役立ちます。

手順

  • 次のコマンドを実行して、メモリー使用量に関するレポートを生成します。

    # makedumpfile --mem-usage /proc/kcore
    
    
    TYPE        PAGES    EXCLUDABLE    DESCRIPTION
    -------------------------------------------------------------
    ZERO          501635      yes        Pages filled with zero
    CACHE         51657       yes        Cache pages
    CACHE_PRIVATE 5442        yes        Cache pages + private
    USER          16301       yes        User process pages
    FREE          77738211    yes        Free pages
    KERN_DATA     1333192     no         Dumpable kernel data
重要

makedumpfile --mem-usage は、必要なメモリーをページ単位で報告します。つまり、カーネルページサイズを元に、使用するメモリーのサイズを計算する必要があります。

デフォルトでは、RHEL カーネルは、AMD64 および Intel 64 の CPU アーキテクチャーで 4KB のサイズのページを使用し、IBM POWER アーキテクチャーで 64KB のサイズのページを使用します。