Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

7.9. 現在および将来のカーネルのデフォルトカーネルオプションの変更

kernelopts 変数を使用すると、現在および将来のカーネルのデフォルトカーネルオプションを変更できます。

手順

  1. kernelopts 変数を使用してカーネルパラメーターをリスト表示します。

    # grub2-editenv - list | grep kernelopts
    kernelopts=root=/dev/mapper/rhel-root ro crashkernel=auto resume=/dev/mapper/rhel-swap rd.lvm.lv=rhel/root rd.lvm.lv=rhel/swap rhgb quiet
  2. カーネルのコマンドラインパラメーターを変更します。パラメーターを追加、削除、または変更できます。たとえば、debug パラメーターを追加するには、次のように入力します。

    # grub2-editenv - set "$(grub2-editenv - list | grep kernelopts) <debug>"
  3. オプション: 新しく追加したパラメーターが kernelopts に追加されていることを確認します。

    # grub2-editenv - list | grep kernelopts
    kernelopts=root=/dev/mapper/rhel-root ro crashkernel=auto resume=/dev/mapper/rhel-swap rd.lvm.lv=rhel/root rd.lvm.lv=rhel/swap rhgb quiet debug
  4. システムを再起動して、変更を有効にします。
注記

代わりに、grubby コマンドを使用して、現在および将来のカーネルに引数を渡すこともできます。

# grubby --update-kernel ALL --args="<PARAMETER>"