Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第9章 GRUB の再インストール

GRUB ブートローダーの誤ったインストールやファイルの欠如、システムの破損などで引き起こされる特定の問題を解決するには、GRUB の再インストールが便利な方法となる場合があります。不足しているファイルを復元し、ブート情報を更新することで、この問題を解決できます。

GRUB を再インストールする理由は次のとおりです。

  • GRUB ブートローダーのアップグレード。
  • 別のドライブにブート情報を追加する。
  • インストールされているオペレーティングシステムを制御するには、GRUB ブートローダーが必要です。ただし、一部のオペレーティングシステムには独自のブートローダーがインストールされており、GRUB を再インストールすると、目的のオペレーティングシステムに制御が戻ります。
注記

GRUB は、ファイルが破損していない場合にのみファイルを復元します。

9.1. BIOS ベースマシンへの GRUB の再インストール

grub2-install コマンドを使用して GRUB を再インストールできます。

重要

grub2-install コマンドを既存のブートデバイスで実行すると、既存の GRUB が上書きされ、新しい GRUB がインストールされます。そのため、grub2-install コマンドを発行する前に、インストール中にシステムがデータの破損やブートクラッシュを引き起こさないようにしてください。

手順

  1. device 引数を指定して grub2-install コマンドを発行します。たとえば、sda がデバイスの場合は、以下のようになります。

    # grub2-install /dev/sda
  2. システムを再起動して、変更を有効にします。

    # reboot

関連情報

  • grub-install(1) man ページ