Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第9章 GRUB の再インストール

GRUB ブートローダーを再インストールすると、通常は GRUB の誤ったインストール、ファイルの欠落、またはシステムの破損によって発生する特定の問題を修正できます。不足しているファイルを復元し、ブート情報を更新することで、これらの問題を解決できます。

GRUB を再インストールする理由:

  • GRUB ブートローダーパッケージをアップグレードします。
  • 別のドライブにブート情報を追加する。
  • インストール済みのオペレーティングシステムを制御するために、ユーザーが GRUB 2 ブートローダーを必要としている。ただし、一部のオペレーティングシステムには独自のブートローダーがインストールされており、GRUB を再インストールすると、目的のオペレーティングシステムに制御が戻ります。
注記

GRUB は、ファイルが破損していない場合にのみファイルを復元します。

9.1. BIOS ベースマシンへの GRUB の再インストール

BIOS ベースのシステムに GRUB ブートローダーを再インストールできます。GRUB パッケージを更新した後は、必ず GRUB を再インストールしてください。

重要

これにより、既存の GRUB が上書きされ、新しい GRUB がインストールされます。インストール中にシステムでデータの破損やブートクラッシュが発生しないことを確認します。

手順

  1. GRUB がインストールされているデバイスに GRUB を再インストールします。たとえば、sda がデバイスの場合は、以下のようになります。

    # grub2-install /dev/sda
  2. システムを再起動して、変更を有効にします。

    # reboot

関連情報

  • grub-install(1) man ページ