Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第8章 カスタマイズされたブートメニューの構築

特定のエントリーを含むブートメニューを作成したり、エントリーの順序を変更したりできます。このようなタスクには、GRUB、grubby、および Boot Loader Specification (BLS) ファイルを使用できます。

次のセクションでは、GRUB と grubby を使用してブートメニューの基本的なカスタマイズを行う方法について説明します。

8.1. GRUB 設定ファイル

BIOS ベースのマシンでは /boot/grub2/grub.cfg であり、UEFI ベースのマシンでは /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg であるブートローダー設定ファイルについて学びます。

GRUB スクリプトはユーザーのコンピューターを検索して、スクリプトが見つけたオペレーティングシステムに基づくブートメニューを構築します。最新のシステムブートオプションを反映させるために、カーネルが更新されるか新規カーネルが追加されると、ブートメニューは自動的に再構築されます。

GRUB は、一連のスクリプトを使用してメニューを構築します。これらは /etc/grub.d/ ディレクトリーにあります。このスクリプトは /etc/grub.d/ ディレクトリーに格納されており、以下のファイルが含まれます。

  • 00_header: /etc/default/grub ファイルから GRUB 設定を読み込みます。
  • 01_users: user.cfg ファイルから root パスワードを読み取ります。
  • 10_linux: Red Hat Enterprise Linux のデフォルトのパーティションでカーネルを見つけます。
  • 30_os-prober。別のパーティションで見つかったオペレーティングシステム用にエントリーを構築します。
  • 40_custom: 追加のメニューエントリー作成に使用可能なテンプレートです。

GRUB はスクリプトを /etc/grub.d/ ディレクトリーからアルファベット順に読み取るため、スクリプトの名前を変更して、特定のメニューエントリーの起動順序を変更できます。