Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第32章 高度なエラー報告の使用

Advanced Error Reporting (AER) を使用すると、Peripheral Component Interconnect Express (PCIe) デバイスのエラーイベントの通知を受け取ります。RHEL はデフォルトでこのカーネル機能を有効にし、報告されたエラーをカーネルログに収集します。さらに、rasdaemon プログラムを使用すると、これらのエラーが解析され、データベースに保存されます。

32.1. AER の概要

Advanced Error Reporting (AER) は、Peripheral Component Interconnect Express (PCIe) デバイスの拡張エラーレポートを提供するカーネル機能です。AER カーネルドライバーは、次の目的で PCIe AER 機能をサポートするルートポートを接続します。

  • 包括的なエラー情報を収集する
  • エラーをユーザーに報告する
  • エラー回復アクションを実行する

AER がエラーをキャプチャすると、error メッセージがコンソールに送信されます。修復可能なエラーの場合、コンソール出力は 警告 です。

例32.1 AER 出力の例

Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0: AER: Corrected error received: id=ae00
Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0: AER: Multiple Corrected error received: id=ae00
Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0: PCIe Bus Error: severity=Corrected, type=Data Link Layer, id=0000(Receiver ID)
Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0:   device [8086:2030] error status/mask=000000c0/00002000
Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0:    [ 6] Bad TLP
Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0:    [ 7] Bad DLLP
Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0: AER: Multiple Corrected error received: id=ae00
Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0: PCIe Bus Error: severity=Corrected, type=Data Link Layer, id=0000(Receiver ID)
Feb  5 15:41:33 hostname kernel: pcieport 10003:00:00.0:   device [8086:2030] error status/mask=00000040/00002000