Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

31.2. kernel_settings ロールを使用した選択したカーネルパラメーターの適用

以下の手順に従って、Ansible Playbook を準備および適用し、複数の管理システムで永続化の影響でカーネルパラメーターをリモートに設定します。

前提条件

  • root 権限がある。
  • RHEL サブスクリプションの資格を取得して、 ansible-core および rhel-system-roles パッケージをコントロールマシンにインストールしている。
  • 管理対象ホストのインベントリーが制御マシンに存在し、Ansible から接続できる。
重要

RHEL 8.0-8.5 では、別の Ansible リポジトリーへのアクセス権を指定されており、Ansible をベースにする自動化用の Ansible Engine 2.9 が含まれています。Ansible Engine には、 ansibleansible-playbook などのコマンドラインユーティリティー、dockerpodman などのコネクター、プラグインとモジュールすべてが含まれています。Ansible Engine を入手してインストールする方法については、Red Hat Ansible Engine をダウンロードしてインストールする方法 を参照してください。

RHEL 8.6 および 9.0 では、Ansible Core (ansible-coreRPM として提供) が導入されました。これには、Ansible コマンドラインユーティリティー、コマンド、および組み込みの Ansible プラグインセットが少し含まれています。App Stream リポジトリーには、ansible-core が含まれていますが、サポートの範囲が限定されています。詳細は、RHEL 9App Stream に含まれている ansible-core パッケージのサポート範囲 を確認してください。

手順

  1. 必要に応じて、図の目的で inventory ファイルを確認します。

    #  cat /home/jdoe/<ansible_project_name>/inventory
    [testingservers]
    pdoe@192.168.122.98
    fdoe@192.168.122.226
    
    [db-servers]
    db1.example.com
    db2.example.com
    
    [webservers]
    web1.example.com
    web2.example.com
    192.0.2.42

    ファイルは [testingservers] グループと他のグループを定義します。これにより、特定のシステムセットに対して Ansible をより効果的に実行できます。

  2. 設定ファイルを作成して、Ansible 操作のデフォルトと特権昇格を設定します。

    1. 新しい YAML ファイルを作成し、これをテキストエディターで開きます。以下に例を示します。

      #  vi /home/jdoe/<ansible_project_name>/ansible.cfg
    2. 以下の内容をファイルに挿入します。

      [defaults]
      inventory = ./inventory
      
      [privilege_escalation]
      become = true
      become_method = sudo
      become_user = root
      become_ask_pass = true

      [defaults] セクションは、管理対象ホストのインベントリーファイルへのパスを指定します。[privilege_escalation] セクションでは、指定した管理対象ホストのユーザー権限が root に移行されることを定義します。これは、カーネルパラメーターを正常に設定するために必要です。Ansible Playbook を実行すると、ユーザーパスワードの入力が求められます。管理対象ホストへの接続後に、sudo により root に自動的に切り替わります。

  3. kernel_settings ロールを使用する Ansible Playbook を作成します。

    1. 新しい YAML ファイルを作成し、これをテキストエディターで開きます。以下に例を示します。

      #  vi /home/jdoe/<ansible_project_name>/kernel-roles.yml

      このファイルは Playbook を表し、通常は、inventory ファイルから選択した特定の管理対象ホストに対して実行される、プレイ とも呼ばれるタスクの順序付きリストが含まれます。

    2. 以下の内容をファイルに挿入します。

      ---
      -
        hosts: testingservers
        name: "Configure kernel settings"
        roles:
          - rhel-system-roles.kernel_settings
        vars:
          kernel_settings_sysctl:
            - name: fs.file-max
              value: 400000
            - name: kernel.threads-max
              value: 65536
          kernel_settings_sysfs:
            - name: /sys/class/net/lo/mtu
              value: 65000
          kernel_settings_transparent_hugepages: madvise

      name キーは任意です。任意の文字列をラベルとしてプレイに関連付け、プレイの対象を特定します。プレイの hosts キーは、プレイを実行するホストを指定します。このキーの値または値は、管理対象ホストの個別名または inventory ファイルで定義されているホストのグループとして指定できます。

      vars セクションは、設定する必要がある、選択したカーネルパラメーター名および値が含まれる変数の一覧を表します。

      roles キーは、vars セクションで説明されているパラメーターおよび値を設定するシステムロールを指定します。

      注記

      必要に応じて、Playbook のカーネルパラメーターとその値を変更することができます。

  4. 必要に応じて、プレイ内の構文が正しいことを確認します。

    #  ansible-playbook --syntax-check kernel-roles.yml
    
    playbook: kernel-roles.yml

    以下の例では、Playbook の検証が成功したことを示しています。

  5. Playbook を実行します。

    #  ansible-playbook kernel-roles.yml
    
    ...
    
    BECOME password:
    
    PLAY [Configure kernel settings] **********************************************************************************
    
    
    
    PLAY RECAP ********************************************************************************************************
    fdoe@192.168.122.226       : ok=10   changed=4    unreachable=0    failed=0    skipped=6    rescued=0    ignored=0
    pdoe@192.168.122.98        : ok=10   changed=4    unreachable=0    failed=0    skipped=6    rescued=0    ignored=0

    Ansible が Playbook を実行する前に、パスワードの入力を求められます。これにより、管理対象ホストのユーザーが root に切り替わります。これは、カーネルパラメーターの設定に必要です。

    recap セクションは、すべての管理対象ホストのプレイが正常に終了したこと (failed=0)、および 4 つのカーネルパラメーターが適用されたこと (changed=4) を示しています。

  6. 管理対象ホストを再起動して、影響を受けるカーネルパラメーターをチェックし、変更が適用され、再起動後も維持されていることを確認します。

関連情報