1.10. ボリューム管理ファイルシステム

ボリューム管理ファイルシステムは、簡素化とスタック内の最適化の目的で、ストレージスタック全体を統合します。

利用可能なボリューム管理ファイルシステム

  • Red Hat Enterprise Linux 8 は、Stratis ボリュームマネージャーがテクノロジープレビューとして提供します。Stratis は、ファイルシステム層に XFS を使用し、LVM、Device Mapper、およびその他のコンポーネントと統合します。

    Stratis は、Red Hat Enterprise Linux 8.0 で初めてリリースされました。Red Hat が Btrfs を非推奨にした時に生じたギップを埋めると考えられています。Stratis 1.0 は、ユーザーによる複雑さを隠しつつ、重要なストレージ管理操作を実行できる直感的なコマンドラインベースのボリュームマネージャーです。

    • ボリュームの管理
    • プールの作成
    • シンストレージプール
    • スナップショット
    • 自動化読み取りキャッシュ

    Stratis は強力な機能を提供しますが、現時点では Btrfs や ZFS といったその他の製品と比較される可能性がある機能をいつくか欠いています。たとえば、セルフ修復を含む CRC には対応していません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。