Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第19章 IdM からの SSSD コンポーネントを使用した autofs マップのキャッシュ

システムセキュリティーサービスデーモン (System Security Services Daemon: SSSD) は、リモートサービスディレクトリーと認証メカニズムにアクセスするシステムサービスです。データキャッシュは、ネットワーク接続が遅い場合に役立ちます。SSSD サービスが autofs マップをキャッシュするように設定するには、本セクションの以下の手順に従います。

19.1. IdM サーバーを LDAP サーバーとして使用するように autofs を手動で設定する

この手順では、IdM サーバーを LDAP サーバーとして使用するように autofs を設定する方法を説明します。

手順

  1. /etc/autofs.conf ファイルを編集し、autofs が検索するスキーマ属性を指定します。

    #
    # Other common LDAP naming
    #
    map_object_class = "automountMap"
    entry_object_class = "automount"
    map_attribute = "automountMapName"
    entry_attribute = "automountKey"
    value_attribute = "automountInformation"
    注記

    ユーザーは、/etc/autofs.conf ファイルに小文字と大文字の両方で属性を書き込むことができます。

  2. オプションで、LDAP 設定を指定します。これには 2 通りの方法があります。最も簡単な方法は、自動マウントサービスが LDAP サーバーと場所を自分で発見するようにすることです。

    ldap_uri = "ldap:///dc=example,dc=com"

    このオプションでは、DNS に検出可能なサーバーの SRV レコードが含まれている必要があります。

    別の方法では、使用する LDAP サーバーと LDAP 検索のベース DN を明示的に設定します。

    ldap_uri = "ldap://ipa.example.com"
    search_base = "cn=location,cn=automount,dc=example,dc=com"
  3. autofs が IdM LDAP サーバーによるクライアント認証を許可するように /etc/autofs_ldap_auth.conf ファイルを編集します。

    • authrequired を yes に変更します。
    • プリンシパルを IdM LDAP サーバー(host/fqdn@REALM) の Kerberos ホストプリンシパルに設定します。プリンシパル名は、GSS クライアント認証の一部として IdM ディレクトリーへの接続に使用されます。

      <autofs_ldap_sasl_conf
           usetls="no"
           tlsrequired="no"
           authrequired="yes"
           authtype="GSSAPI"
           clientprinc="host/server.example.com@EXAMPLE.COM"
           />

      ホストプリンシパルの詳細は、「 IdM での正規化 DNS ホスト名の使用 」を参照してください。

      必要に応じて klist -k を実行して、正確なホストプリンシパル情報を取得します。

19.2. autofs マップをキャッシュする SSSD の設定

手動で使用するために autofs を設定すると、IdM サーバーはシステムセキュリティーサービス (SSS) を完全にバイパスできるようになります。この手順では、autofs マップをキャッシュするように SSSD を設定する方法を説明します。

前提条件

  • sssd パッケージがインストールされている。

手順

  1. SSSD 設定ファイルを開きます。

    # vim /etc/sssd/sssd.conf
  2. SSSD が処理するサービス一覧に autofs サービスを追加します。

    [sssd]
    domains = ldap
    services = nss,pam,autofs
  3. [autofs] セクションを新規作成します。autofs サービスのデフォルト設定はほとんどのインフラストラクチャーに対応するため、これを空白のままにすることができます。

    [nss]
    
    [pam]
    
    [sudo]
    
    [autofs]
    
    [ssh]
    
    [pac]

    詳細は man ページの sssd.conf を参照してください。

  4. オプションとして、autofs エントリーの検索ベースを設定します。デフォルトでは、これは LDAP 検索ベースですが、ldap_autofs_search_base パラメーターでサブツリーを指定できます。

    [domain/EXAMPLE]
    
    ldap_search_base = "dc=example,dc=com"
    ldap_autofs_search_base = "ou=automount,dc=example,dc=com"
  5. SSSD サービスを再起動します。

    # systemctl restart sssd.service
  6. SSSD が自動マウント設定のソースとして一覧表示されるように、/etc/nsswitch.conf ファイルを確認します。

    automount: sss files
  7. autofs サービスを再起動します。

    # systemctl restart autofs.service
  8. ユーザーの /home ディレクトリーを一覧表示して、設定をテストします。

    # ls /home/userName

    リモートファイルシステムをマウントしない場合は、/var/log/messages ファイルでエラーを確認します。必要に応じて、logging パラメーターを debug に設定して、/etc/sysconfig/autofs ファイルのデバッグレベルを増やします。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。