1.3. XFS ファイルシステム

XFSは、拡張性が高く、高性能で堅牢な、成熟した 64 ビットのジャーナリングファイルシステムで、1 台のホストで非常に大きなファイルおよびファイルシステムに対応します。これは、Red Hat Enterprise Linux 8 のデフォルトのファイルシステムです。XFS は、元々 1990 年代の前半に SGI により開発され、極めて大規模なサーバーおよびストレージアレイで実行されてきた長い歴史があります。

XFS の機能は次のとおりです。

信頼性
  • メタデータジャーナリング - システムの再起動時、およびファイルシステムの再マウント時に再生できるファイルシステム操作の記録を保持することで、システムクラッシュ後のファイルシステムの整合性を確保します。
  • 広範囲に及ぶランタイムメタデータの整合性チェック
  • 拡張性が高く、高速な修復ユーティリティー
  • クォータジャーナリングクラッシュ後に行なわれる、時間がかかるクォータの整合性チェックが不要になります。
スケーラビリティーおよびパフォーマンス
  • 対応するファイルシステムのサイズが最大 1024 TiB
  • 多数の同時操作に対応する機能
  • 空き領域管理のスケーラビリティーに関する B-Tree インデックス
  • 高度なメタデータ先読みアルゴリズム
  • ストリーミングビデオのワークロードの最適化
割り当てスキーム
  • エクステント (領域) ベースの割り当て
  • ストライプを認識できる割り当てポリシー
  • 遅延割り当て
  • 領域の事前割り当て
  • 動的に割り当てられる inode
その他の機能
  • Reflink ベースのファイルのコピー (Red Hat Enterprise Linux 8 の新機能)
  • 密接に統合されたバックアップおよび復元のユーティリティー
  • オンラインのデフラグ
  • オンラインのファイルシステム拡張
  • 包括的な診断機能
  • 拡張属性 (xattr)。これにより、システムが、ファイルごとに、名前と値の組み合わせを追加で関連付けられるようになります。
  • プロジェクトまたはディレクトリーのクォータ。ディレクトリーツリー全体にクォータ制限を適用できます。
  • サブセカンド (一秒未満) のタイムスタンプ

パフォーマンスの特徴

XFS は、エンタープライズレベルのワークロードがある大規模なシステムで優れたパフォーマンスを発揮します。大規模なシステムとは、相対的に CPU 数が多く、さらには複数の HBA、および外部ディスクアレイへの接続を備えたシステムです。XFS は、マルチスレッドの並列 I/O ワークロードを備えた小規模のシステムでも適切に実行します。

XFS は、シングルスレッドで、メタデータ集約型のワークロードのパフォーマンスが比較的低くなります。たとえば、シングルスレッドで小さなファイルを多数作成し、削除するワークロードがこれに当てはまります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。