1.4. ext4 ファイルシステム

ext4 ファイルシステムは、ext ファイルシステムファミリーの第 4 世代です。これは、Red Hat Enterprise Linux 6 でデフォルトのファイルシステムです。

ext4 ドライバーは、ext2 および ext3 のファイルシステムの読み取りと書き込みが可能ですが、ext4 ファイルシステムのフォーマットは、ext2 ドライバーおよび ext3 ドライバーと互換性がありません。

ext4 には、以下のような新機能、および改善された機能が追加されました。

  • 対応するファイルシステムのサイズが最大 50 TiB
  • エクステントベースのメタデータ
  • 遅延割り当て
  • ジャーナルのチェックサム
  • 大規模なストレージサポート

エクステントベースのメタデータと遅延割り当て機能は、ファイルシステムで使用されている領域を追跡する、よりコンパクトで効率的な方法を提供します。このような機能により、ファイルシステムのパフォーマンスが向上し、メタデータが使用する領域が低減します。遅延割り当てにより、ファイルシステムは、データがディスクにフラッシュされるまで、新しく書き込まれたユーザーデータの永続的な場所の選択を保留できます。これにより、より大きく、より連続した割り当てが可能になり、より優れた情報に基づいてファイルシステムが決定を下すことができるため、パフォーマンスが向上します。

ext4 で fsck ユーティリティーを使用するファイルシステムの修復時間は、ext2 と ext3 よりも高速です。一部のファイルシステムの修復では、最大 6 倍のパフォーマンスの向上が実証されています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。