12.4. 未定義の条件に対する XFS 動作の設定

この手順では、XFS が、共通の設定を共有するすべての未定義のエラー条件に反応する方法を設定します。

手順

  • 再試行の最大数、再試行時間制限、またはその両方を設定します。

    • 再試行の最大数を設定するには、必要な数を max_retries ファイルに書き込みます。

      # echo value > /sys/fs/xfs/device/error/metadata/default/max_retries
    • 時間制限を設定するには、希望する秒数を retry_timeout_seconds ファイルに書き込みます。

      # echo value > /sys/fs/xfs/device/error/metadata/default/retry_timeout_seconds

    value は、-1 から C 符号付き整数型の可能な最大値です。これは、64 ビットの Linux では 2147483647 です。

    いずれの制限も、-1 の値は継続的な再試行に使用され、0 は即座に停止するために使用されます。

    device は、/dev/ ディレクトリーにあるデバイス名です。たとえば、sda です。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。