Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

22.6. XFS クォータ制限の変更

-x オプションを指定して xfs_quota ツールを起動し、エキスパートモードを有効にして、クォータシステムを変更できる管理者コマンドを実行します。このモードのサブコマンドは、制限を実際に設定することができるため、昇格した特権を持つユーザーのみが利用できます。

前提条件

手順

  1. エキスパートモードを有効にするには、-x オプションを指定して xfs_quota シェルを起動します。

    # xfs_quota -x
  2. 特定のファイルシステムのクォータ情報を表示します。

    # xfs_quota> report /path

    たとえば、(/dev/blockdevice の) /home のクォータレポートのサンプルを表示するには、report -h /home コマンドを使用します。これにより、以下のような出力が表示されます。

    User quota on /home (/dev/blockdevice)
    Blocks
    User ID      Used   Soft   Hard Warn/Grace
    ---------- ---------------------------------
    root            0      0      0  00 [------]
    testuser   103.4G      0      0  00 [------]
  3. クォータの制限を変更します。

    # xfs_quota> limit isoft=500m ihard=700m user /path

    たとえば、ホームディレクトリーが /home/john のユーザー john に対して、inode 数のソフト制限およびハード制限をそれぞれ 500 と 700 に設定するには、次のコマンドを使用します。

    # xfs_quota -x -c 'limit isoft=500 ihard=700 john' /home/

    この場合は、マウントされた xfs ファイルシステムである mount_point を渡します。

  4. help コマンドを実行して、xfs_quota -x で利用可能なエキスパートコマンドを表示します。

    # xfs_quota> help

関連情報

  • xfs_quota(8) man ページ。