19.4. ext4 ファイルシステムのサイズ変更

システム管理者は、resize2fs ユーティリティーを使用して、ext4 ファイルシステムのサイズを変更できます。resize2fs ユーティリティーは、特定の単位を示すサフィックスが使用されていない限り、ファイルシステムのブロックサイズの単位でサイズを読み取ります。以下のサフィックスは、特定の単位を示しています。

  • s (セクター) - 512 バイトのセクター
  • K (キロバイト) - 1,024 バイト
  • M (メガバイト) - 1,048,576 バイト
  • G (ギガバイト) - 1,073,741,824 バイト
  • T (テラバイト) - 1,099,511,627,776 バイト

前提条件

  • ext4 ファイルシステム。ext4 ファイルシステムの作成方法は、「ext4 ファイルシステムの作成」を参照してください。
  • サイズ変更後にファイルシステムを保持するための、適切なサイズの基本ブロックデバイス

手順

  1. ext4 ファイルシステムのサイズを変更するには、以下の手順に従ってください。

    • アンマウントされている ext4 ファイルシステムのサイズを縮小および拡張するには、次のコマンドを実行します。

      # umount /dev/block_device
      # e2fsck -f /dev/block_device
      # resize2fs /dev/block_device size

      /dev/block_device を、ブロックデバイスへのパス (例: /dev/sdb1) に置き換えます。

      size を、sKMG、および T のサフィックスを使用して必要なサイズ変更値に置き換えます。

    • ext4 ファイルシステムは、resize2fs を使用して、マウントしたままの状態でサイズを大きくすることができます。

      # resize2fs /mount/device size
      注記

      拡張時のサイズパラメーターは任意です (多くの場合は必要ありません)。resize2fs は、コンテナーの使用可能な領域 (通常は論理ボリュームまたはパーティション) を埋めるように、自動的に拡張します。

  2. サイズを変更したファイルシステムを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # df -h

関連情報

  • man ページの resize2fs
  • man ページの e2fsck
  • man ページの ext4

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。