13.5. xfs_repair で XFS ファイルシステムの修復

この手順では、xfs_repair ユーティリティーを使用して破損した XFS ファイルシステムを修復します。

手順

  1. xfs_metadump ユーティリティーを使用して、診断またはテストの目的で、修復する前にメタデータイメージを作成します。修復前のファイルシステムメタデータイメージは、破損がソフトウェアのバグによるものであるかどうかのサポート調査に役立ちます。修復前のイメージに含まれる破損のパターンは、根本的な分析に役に立つ場合があります。

    • xfs_metadump デバッグツールを使用して、XFS ファイルシステムからファイルにメタデータをコピーします。サポートに大きな メタダンプ ファイルを送信する必要がある場合は、標準の圧縮ユーティリティーを使用して生成された メタダンプ ファイルを圧縮してファイルサイズを縮小できます。

      # xfs_metadump block-device metadump-file
  2. ファイルシステムを再マウントしてログを再生します。

    # mount file-system
    # umount file-system
  3. アンマウントしたファイルシステムを修復するには、xfs_repair ユーティリティーを使用します。

    • マウントが成功した場合、追加のオプションは必要ありません。

      # xfs_repair block-device
    • マウントが Structure needs cleaning エラーで失敗した場合は、ログが破損しているため再生できません。ログを消去するには、-L オプション (force log zeroing) を使用します。

      警告

      このコマンドを実行すると、クラッシュ時に進行中だったすべてのメタデータの更新が失われます。これにより、ファイルシステムに重大な損傷やデータ損失が生じる可能性があります。これは、ログを再生できない場合に最後の手段としてのみ使用してください。

      # xfs_repair -L block-device
  4. ファイルシステムをマウントします。

    # mount file-system

関連情報

  • man ページの xfs_repair(8)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。