8.5. 認証情報ファイルを使用した SMB 共有への認証

特定の状況 (システムの起動時に共有を自動的にマウントする場合など) では、ユーザー名とパスワードを入力することなく共有がマウントされる必要があります。これを実装するには、認証情報ファイルを作成します。

前提条件

  • cifs-utils パッケージがインストールされている。

手順

  1. /root/smb.cred などのファイルを作成し、そのファイルのユーザー名、パスワード、およびドメイン名を指定します。

    username=user_name
    password=password
    domain=domain_name
  2. 所有者だけがファイルにアクセスできるようにパーミッションを設定します。

    # chown user_name /root/smb.cred
    # chmod 600 /root/smb.cred

mount ユーティリティーに credentials=file_name マウントオプションを渡すか、/etc/fstab ファイルでオプションを使用して、ユーザー名とパスワードの入力を求められずに共有をマウントできます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。