1.7. ネットワークファイルシステム

クライアント/サーバーファイルシステムとも呼ばれるネットワークファイルシステムにより、クライアントシステムは、共有サーバーに保存されているファイルにアクセスできます。これにより、複数のシステムの、複数のユーザーが、ファイルやストレージリソースを共有できます。

このようなファイルシステムは、ファイルシステムのセットを 1 つ以上のクライアントにエクスポートする、1 つ以上のサーバーから構築されます。クライアントノードは、基盤となるブロックストレージにアクセスできませんが、より良いアクセス制御を可能にするプロトコルを使用してストレージと対話します。

利用可能なネットワークファイルシステム

  • RHEL で最も一般的なクライアント/サーバーファイルシステムは、NFS ファイルシステムです。RHEL は、ネットワーク経由でローカルファイルシステムをエクスポートする NFS サーバーコンポーネントと、このようなファイルシステムをインポートする NFS クライアントの両方を提供します。
  • RHEL には、Windows の相互運用性で一般的に使用されている Microsoft SMB ファイルサーバーに対応する CIFS クライアントも含まれています。ユーザー空間 Samba サーバーは、RHEL サーバーから Microsoft SMB サービスを使用する Windows クライアントを提供します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。