第2章 RHEL システムロールを使用したローカルストレージの管理

Ansible を使用して LVM とローカルファイルシステム (FS) を管理するには、RHEL 8 で利用可能な RHEL システムロールの 1 つである storage ロールを使用できます。

storage ロールを使用すると、ディスク上のファイルシステム、複数のマシンにある論理ボリューム、および RHEL 7.7 以降の全バージョンでのファイルシステムの管理を自動化できます。

RHEL システムロールと、その適用方法の詳細は、「RHEL システムロールの概要」 を参照してください。

2.1. storage ロールの概要

storage ロールは以下を管理できます。

  • パーティションが分割されていないディスクのファイルシステム
  • 論理ボリュームとファイルシステムを含む完全な LVM ボリュームグループ

storage ロールを使用すると、次のタスクを実行できます。

  • ファイルシステムを作成する
  • ファイルシステムを削除する
  • ファイルシステムをマウントする
  • ファイルシステムをアンマウントする
  • LVM ボリュームグループを作成する
  • LVM ボリュームグループを削除する
  • 論理ボリュームを作成する
  • 論理ボリュームを削除する
  • RAID ボリュームを作成する
  • RAID ボリュームを削除する
  • RAID を使用して LVM プールを作成する
  • RAID を使用して LVM プールを削除する

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。