Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 RHEL システムロールを使用したローカルストレージの管理

Ansible を使用して LVM とローカルファイルシステム (FS) を管理するには、RHEL 8 で利用可能な RHEL システムロールの 1 つである storage ロールを使用できます。

storage ロールを使用すると、ディスク上のファイルシステム、複数のマシンにある論理ボリューム、および RHEL 7.7 以降の全バージョンでのファイルシステムの管理を自動化できます。

RHEL システムロールと、その適用方法の詳細は、「RHEL システムロールの概要」 を参照してください。

2.1. storage ロールの概要

storage ロールは以下を管理できます。

  • パーティションが分割されていないディスクのファイルシステム
  • 論理ボリュームとファイルシステムを含む完全な LVM ボリュームグループ

storage ロールを使用すると、次のタスクを実行できます。

  • ファイルシステムを作成する
  • ファイルシステムを削除する
  • ファイルシステムをマウントする
  • ファイルシステムをアンマウントする
  • LVM ボリュームグループを作成する
  • LVM ボリュームグループを削除する
  • 論理ボリュームを作成する
  • 論理ボリュームを削除する
  • RAID ボリュームを作成する
  • RAID ボリュームを削除する
  • RAID を使用して LVM プールを作成する
  • RAID を使用して LVM プールを削除する

2.2. storage システムロールでストレージデバイスを識別するパラメーター

storage ロールの設定は、以下の変数に記載されているファイルシステム、ボリューム、およびプールにのみ影響します。

storage_volumes

管理対象のパーティションが分割されていない全ディスク上のファイルシステムの一覧

現在、パーティションはサポートされていません。

storage_pools

管理するプールの一覧

現在、サポートされている唯一のプールタイプは LVM です。LVM では、プールはボリュームグループ (VG) を表します。各プールの下には、ロールで管理されるボリュームの一覧があります。LVM では、各ボリュームは、ファイルシステムを持つ論理ボリューム (LV) に対応します。

2.3. ブロックデバイスに XFS ファイルシステムを作成する Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook では、storage ロールを適用し、デフォルトパラメーターを使用してブロックデバイスに XFS ファイルシステムを作成します。

警告

storage ロールは、パーティションが分割されていないディスク全体または論理ボリューム (LV) でのみファイルシステムを作成できます。パーティションにファイルシステムを作成することはできません。

例2.1 /dev/sdb に XFS を作成する Playbook

---
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: barefs
        type: disk
        disks:
          - sdb
        fs_type: xfs
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • 現在、ボリューム名 (この例では barefs) は任意です。storage ロールは、disks: 属性に一覧表示されているディスクデバイスでボリュームを特定します。
  • XFS は RHEL 8 のデフォルトファイルシステムであるため、fs_type: xfs 行を省略することができます。
  • 論理ボリュームにファイルシステムを作成するには、エンクロージングボリュームグループを含む disks: 属性の下に LVM 設定を指定します。詳細は、「論理ボリュームを管理する Ansible Playbook の例」 を参照してください。

    LV デバイスへのパスを指定しないでください。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.4. ファイルシステムを永続的にマウントする Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook は、storage ロールをすぐに適用して、XFS ファイルシステムを永続的にマウントします。

例2.2 /dev/sdb のファイルシステムを /mnt/data にマウントする Playbook

---
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: barefs
        type: disk
        disks:
          - sdb
        fs_type: xfs
        mount_point: /mnt/data
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • この Playbook では、ファイルシステムが /etc/fstab ファイルに追加され、すぐにファイルシステムをマウントします。
  • /dev/sdb デバイス上のファイルシステム、またはマウントポイントのディレクトリーが存在しない場合は、Playbook により作成されます。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.5. 論理ボリュームを管理する Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook は、storage ロールを適用して、ボリュームグループに LVM 論理ボリュームを作成します。

例2.3 myvg ボリュームグループに mylv 論理ボリュームを作成する Playbook

- hosts: all
  vars:
    storage_pools:
      - name: myvg
        disks:
          - sda
          - sdb
          - sdc
        volumes:
          - name: mylv
            size: 2G
            fs_type: ext4
            mount_point: /mnt
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • myvg ボリュームグループは、次のディスクで構成されます。

    • /dev/sda
    • /dev/sdb
    • /dev/sdc
  • myvg ボリュームグループがすでに存在する場合は、Playbook により論理ボリュームがボリュームグループに追加されます。
  • myvg ボリュームグループが存在しない場合は、Playbook により作成されます。
  • Playbook は、mylv 論理ボリューム上に Ext4 ファイルシステムを作成し、/mnt ファイルシステムを永続的にマウントします。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.6. オンラインのブロック破棄を有効にする Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook では、storage ロールを適用して、オンラインのブロック破棄を有効にして XFS ファイルシステムをマウントします。

例2.4 /mnt/data/ でのオンラインのブロック破棄を有効にする Playbook

---
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: barefs
        type: disk
        disks:
          - sdb
        fs_type: xfs
        mount_point: /mnt/data
        mount_options: discard
  roles:
    - rhel-system-roles.storage

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.7. Ext4 ファイルシステムを作成してマウントする Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook は、storage ロールを適用して、Ext4 ファイルシステムを作成してマウントします。

例2.5 /dev/sdb に Ext4 を作成し、/mnt/data にマウントする Playbook

---
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: barefs
        type: disk
        disks:
          - sdb
        fs_type: ext4
        fs_label: label-name
        mount_point: /mnt/data
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • Playbook は、/dev/sdb ディスクにファイルシステムを作成します。
  • Playbook は、/mnt/data ディレクトリーにファイルシステムを永続的にマウントします。
  • ファイルシステムのラベルは label-name です。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.8. ext3 ファイルシステムを作成してマウントする Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook は、storage ロールを適用して、Ext3 ファイルシステムを作成してマウントします。

例2.6 /dev/sdb に Ext3 を作成し、/mnt/data にマウントする Playbook

---
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: barefs
        type: disk
        disks:
          - sdb
        fs_type: ext3
        fs_label: label-name
        mount_point: /mnt/data
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • Playbook は、/dev/sdb ディスクにファイルシステムを作成します。
  • Playbook は、/mnt/data ディレクトリーにファイルシステムを永続的にマウントします。
  • ファイルシステムのラベルは label-name です。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.9. storage RHEL システムロールを使用して既存の Ext4 または Ext3 ファイルシステムのサイズを変更する Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook は、storage ロールを適用して、ブロックデバイスにある既存の Ext4 または Ext3 ファイルシステムのサイズを変更します。

例2.7 ディスクに単一ボリュームを設定する Playbook

---
- name: Create a disk device mounted on /opt/barefs
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: barefs
        type: disk
        disks:
          - /dev/sdb
	size: 12 GiB
        fs_type: ext4
        mount_point: /opt/barefs
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • 直前の例のボリュームがすでに存在する場合に、ボリュームサイズを変更するには、異なるパラメーター size の値で、同じ Playbook を実行する必要があります。以下に例を示します。

例2.8 /dev/sdbext4 のサイズを変更する Playbook

---
- name: Create a disk device mounted on /opt/barefs
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: barefs
        type: disk
        disks:
          - /dev/sdb
	size: 10 GiB
        fs_type: ext4
        mount_point: /opt/barefs
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • 現在、ボリューム名 (この例では barefs) は任意です。storage ロールは、disks: 属性に一覧表示されているディスクデバイスでボリュームを特定します。
注記

他のファイルシステムで Resizing アクションを使用すると、作業しているデバイスのデータを破棄する可能性があります。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.10. storage RHEL システムロールを使用して、LVM 上の既存のファイルシステムのサイズを変更する Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook は、storage RHEL システムロールを適用して、ファイルシステムで LVM 論理ボリュームのサイズを変更します。

警告

他のファイルシステムで Resizing アクションを使用すると、作業しているデバイスのデータを破棄する可能性があります。

例2.9 myvg ボリュームグループの既存の mylv1 および myvl2 論理ボリュームのサイズを変更する Playbook

---

- hosts: all
   vars:
    storage_pools:
      - name: myvg
        disks:
          - /dev/sda
          - /dev/sdb
          - /dev/sdc
        volumes:
            - name: mylv1

            size: 10 GiB
            fs_type: ext4
            mount_point: /opt/mount1
            - name: mylv2
            size: 50 GiB
            fs_type: ext4
            mount_point: /opt/mount2

- name: Create LVM pool over three disks
  incude_role:
    name: rhel-system-roles.storage
  • Playbook は、mylv 論理ボリューム上に Ext4 ファイルシステムを作成し、/mnt マウントポイントでファイルシステムを永続的にマウントします。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.11. storage RHEL システムロールを使用して swap パーティションを作成する Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook は storage ロールを適用し、デフォルトパラメーターを使用してブロックデバイスにスワップパーティションを作成するか (存在しない場合)、または swap パーティションを変更します (すでに存在する場合)。

例2.10 /dev/sdb で既存の XFS を作成または変更する Playbook

---
- name: Create a disk device with swap
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: swap_fs
        type: disk
        disks:
          - /dev/sdb
	size: 15 GiB
        fs_type: swap
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • 現在、ボリューム名 (この例では swap_fs) は任意です。storage ロールは、disks: 属性に一覧表示されているディスクデバイスでボリュームを特定します。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.12. storage システムロールを使用した RAID ボリュームの設定

storage システムロールを使用すると、Red Hat Ansible Automation Platform を使用して RHEL に RAID ボリュームを設定できます。本セクションでは、要件に合わせて RAID ボリュームを設定するために、利用可能なパラメーターを使用して Ansible Playbook を設定する方法を説明します。

前提条件

  • Playbook を実行するシステムに Red Hat Ansible Engine がインストールされている。

    注記

    storage ソリューションをデプロイするシステムに、Red Hat Ansible Automation Platform をインストールする必要はありません。

  • Playbook を実行するシステムに rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
  • storage システムロールを使用して、RAID ボリュームをデプロイするシステムの詳細を記録したインベントリーファイルがある。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    - hosts: all
      vars:
        storage_safe_mode: false
        storage_volumes:
          - name: data
            type: raid
            disks: [sdd, sde, sdf, sdg]
            raid_level: raid0
            raid_chunk_size: 32 KiB
            mount_point: /mnt/data
            state: present
      roles:
        - name: rhel-system-roles.storage
    警告

    特定の状況でデバイス名が変更する場合があります。たとえば、新しいディスクをシステムに追加するときなどです。したがって、データの損失を防ぐために、Playbook で特定のディスク名を使用することは推奨していません。

  2. オプション:Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory.file /path/to/file/playbook.yml

関連情報

  • RAID の詳細は、「RAID の管理」 を参照してください。
  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.13. storage システムロールを使用した LVM pool with RAID の設定

storage システムロールを使用すると、Red Hat Ansible Automation Platform を使用して RHEL に LVM pool with RAID を設定できます。本セクションでは、利用可能なパラメーターを使用して Ansible Playbook を設定し、LVM pool with RAID を設定する方法を説明します。

前提条件

  • Playbook を実行するシステムに Red Hat Ansible Engine がインストールされている。

    注記

    storage ソリューションをデプロイするシステムに、Red Hat Ansible Automation Platform をインストールする必要はありません。

  • Playbook を実行するシステムに rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
  • storage システムロールを使用して、LVM pool with RAID を設定するシステムの詳細を記録したインベントリーファイルがある。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    - hosts: all
      vars:
        storage_safe_mode: false
        storage_pools:
          - name: my_pool
            type: lvm
            disks: [sdh, sdi]
            raid_level: raid1
            volumes:
              - name: my_pool
                size: "1 GiB"
                mount_point: "/mnt/app/shared"
                fs_type: xfs
                state: present
      roles:
        - name: rhel-system-roles.storage
    注記

    LVM pool with RAID を作成するには、raid_level パラメーターを使用して RAID タイプを指定する必要があります。

  2. オプション:Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory.file /path/to/file/playbook.yml

関連情報

  • RAID の詳細は、「RAID の管理」 を参照してください。
  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。

2.14. storage ロールを使用した LUKS 暗号化ボリュームの作成

storage ロールを使用し、Ansible Playbook を実行して、LUKS で暗号化されたボリュームを作成および設定できます。

前提条件

  • Playbook を実行するシステムに Red Hat Ansible Engine がインストールされている。

    注記

    ボリュームを作成するシステムに Red Hat Ansible Automation Platform をインストールする必要はありません。

  • Ansible コントローラーに rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
  • storage システムロールを使用して、LUKS 暗号化ボリュームをデプロイするシステムの詳細を記録したインベントリーファイルがある。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    - hosts: all
      vars:
        storage_volumes:
          - name: barefs
            type: disk
            disks:
             - sdb
            fs_type: xfs
            fs_label: label-name
            mount_point: /mnt/data
            encryption: true
            encryption_password: your-password
      roles:
       - rhel-system-roles.storage
  2. オプション: Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory.file /path/to/file/playbook.yml

関連情報

関連情報

  • 詳細は、rhel-system-roles パッケージをインストールして、以下のディレクトリーを参照してください。

    • /usr/share/doc/rhel-system-roles/storage/
    • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。