1.2. ローカルファイルシステム

ローカルファイルシステムは、1 台のローカルサーバーで実行し、ストレージに直接接続されているファイルシステムです。

たとえば、ローカルファイルシステムは、内部 SATA ディスクまたは SAS ディスクにおける唯一の選択肢であり、ローカルドライブを備えた内蔵ハードウェア RAID コントローラーがサーバーにある場合に使用されます。ローカルファイルシステムは、SAN にエクスポートされたデバイスが共有されていない場合に、SAN が接続したストレージに最もよく使用されているファイルシステムです。

ローカルファイルシステムはすべて POSIX に準拠しており、サポートされているすべての Red Hat Enterprise Linux リリースと完全に互換性があります。POSIX 準拠のファイルシステムは、read()write()seek() など、明確に定義されたシステムコールのセットに対応します。

アプリケーションプログラマーの観点では、ローカルファイルシステム間の違いは比較的少なくなります。ユーザーの観点で最も重要な違いは、スケーラビリティーとパフォーマンスに関するものです。ファイルシステムの選択を検討する際に、ファイルシステムのサイズ、必要な固有の機能、実際のワークロードにおける実行方法を考慮してください。

利用可能なローカルファイルシステム

  • XFS
  • ext4

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。