第19章 ext4 ファイルシステムの使用

システム管理者は、ext4 ファイルシステムの作成、マウント、サイズ変更、バックアップ、および復元が可能です。ext4 ファイルシステムは、ext3 ファイルシステムの拡張性を高めたファイルシステムです。Red Hat Enterprise Linux 8 では、最大 16 テラバイトの個別のファイルサイズと、最大 50 テラバイトのファイルシステムに対応します。

19.1. ext4 ファイルシステムの機能

以下は、ext4 ファイルシステムの機能です。

  • エクステントの使用 - ext4 ファイルシステムはエクステントを使用します。これにより、サイズが大きいファイルを使用する場合のパフォーマンスが向上し、サイズが大きいファイルのメタデータのオーバーヘッドが削減されます。
  • ext4 は、未割り当てのブロックグループと、inode テーブルセクションに適宜ラベルを付けます。これにより、ファイルシステムのチェック時に、ブロックグループとテーブルセクションをスキップできます。ファイルシステムのチェックが簡単に行われ、ファイルシステムがサイズが大きくなるとより有益になります。
  • メタデータチェックサム - この機能は、デフォルトでは Red Hat Enterprise Linux 8 で有効になっています。
  • 以下は、ext4 ファイルシステムの割り当て機能です。

    • 永続的な事前割り当て
    • 遅延割り当て
    • マルチブロック割り当て
    • ストライプ認識割り当て
  • 拡張属性 (xattr) - これにより、システムは、ファイルごとに、名前と値の組み合わせを追加で関連付けられるようになります。
  • クォータジャーナリング - クラッシュ後に行なわれる時間がかかるクォータの整合性チェックが不要になります。

    注記

    ext4 で対応しているジャーナリングモードは data=ordered (デフォルト) のみです。詳細は、ナレッジベースアーティクル「EXT ジャーナリングオプション "data=writeback" は RHEL でサポートされますか?」を参照してください。

  • サブセカンド (一秒未満) のタイムスタンプ - サブセカンドのタイムスタンプを指定します。

関連情報

  • man ページの ext4

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。