第18章 ext3 ファイルシステムの使用

システム管理者は、ext3 ファイルシステムの作成、マウント、サイズ変更、バックアップ、および復元が可能です。ext3 ファイルシステムは、基本的に、ext2 ファイルシステムが拡張されたバージョンです。

18.1. ext3 ファイルシステムの機能

ext3 ファイルシステムの機能は以下のとおりです。

  • 可用性 - 予期しない電源障害やシステムクラッシュの後、ジャーナリングが提供されているため、ファイルシステムを確認する必要はありません。デフォルトのジャーナルサイズは、ハードウェアの速度に応じて、復旧するのに約 1 秒かかります

    注記

    ext3 で対応しているジャーナリングモードは data=ordered (デフォルト) のみです。詳細は、ナレッジベースアーティクル「EXT ジャーナリングオプション "data=writeback" は RHEL でサポートされますか?」を参照してください。

  • データの整合性 - ext3ファイルシステムは、予期しない電源障害やシステムクラッシュが発生したときに、データの整合性が失われないようにします。
  • 速度 - 一部のデータを複数回書き込みますが、ext3 のジャーナリングにより、ハードドライブのヘッドモーションが最適化されるため、ほとんどの場合、ext3 のスループットは ext2 よりも高くなります。
  • 簡単な移行 - ext2 から ext3 に簡単に移行でき、再フォーマットをせずに、堅牢なジャーナリングファイルシステムの恩恵を受けることができます。

関連情報

  • man ページの ext3

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。