Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

21.2. ブート時に読み取り専用パーミッションでマウントするように root ファイルシステムの設定

この手順を行うと、今後システムが起動するたびに、root ファイルシステムが読み取り専用としてマウントされます。

手順

  1. /etc/sysconfig/readonly-root ファイルで、READONLY オプションを yes に設定して、ファイルシステムを読み取り専用としてマウントします。

    READONLY=yes
  2. /etc/fstab ファイルの root エントリー (/) に ro オプションを追加します。

    /dev/mapper/luks-c376919e...  /  xfs  x-systemd.device-timeout=0,ro  1  1
  3. ro kernel オプションを有効にします。

    # grubby --update-kernel=ALL --args="ro"
  4. rw カーネルオプションが無効になっていることを確認します。

    # grubby --update-kernel=ALL --remove-args="rw"
  5. tmpfs ファイルシステムに書き込みパーミッションでマウントするファイルとディレクトリーを追加する必要がある場合は、/etc/rwtab.d/ ディレクトリーにテキストファイルを作成し、そこに設定を置きます。

    たとえば、/etc/example/file ファイルを書き込みパーミッションでマウントするには、この行を /etc/rwtab.d/example ファイルに追加します。

    files /etc/example/file
    重要

    tmpfs のファイルおよびディレクトリーの変更内容は、再起動後は持続しません。

  6. システムを再起動して変更を適用します。

トラブルシューティング

  • 誤って読み取り専用パーミッションで root ファイルシステムをマウントした場合は、次のコマンドを使用して、読み書きパーミッションで再度マウントできます。

    # mount -o remount,rw /