1.5. XFS と ext4 の比較

XFS は、RHEL におけるデフォルトファイルシステムです。このセクションでは、XFS および ext4 の使用方法と機能を比較します。

メタデータエラーの動作
ext4 では、ファイルシステムがメタデータのエラーに遭遇した場合の動作を設定できます。デフォルトの動作では、操作を継続します。XFS が復旧できないメタデータエラーに遭遇すると、ファイルシステムをシャットダウンし、EFSCORRUPTED エラーを返します。
クォータ

ext4 では、既存のファイルシステムにファイルシステムを作成する場合にクォータを有効にできます。次に、マウントオプションを使用してクォータの適用を設定できます。

XFS クォータは再マウントできるオプションではありません。初期マウントでクォータをアクティブにする必要があります。

XFS ファイルシステムで quotacheck コマンドを実行すると影響しません。クォータアカウンティングを初めてオンにすると、XFS はクォータを自動的にチェックします。

ファイルシステムのサイズ変更
XFS には、ファイルシステムのサイズを縮小するユーティリティーがありません。XFS ファイルシステムのサイズのみを増やすことができます。ext4 は、ファイルシステムの拡張と縮小の両方をサポートします。
Inode 番号

ext4 ファイルシステムは、232 個を超える inode をサポートしません。

XFS は inode を動的に割り当てます。XFS ファイルシステムは、ファイルシステムに空き領域がある限り、inode からは実行できません。

特定のアプリケーションは、XFS ファイルシステムで 232 個を超える inode を適切に処理できません。このようなアプリケーションでは、戻り値 EOVERFLOW で 32 ビットの統計呼び出しに失敗する可能性があります。Inode 番号は、以下の条件下で 232 個を超えます。

  • ファイルシステムが 256 バイトの inode を持つ 1 TiB を超える。
  • ファイルシステムが 512 バイトの inode を持つ 2 TiB を超える。

inode 番号が大きくてアプリケーションが失敗した場合は、-o inode32 オプションを使用して XFS ファイルシステムをマウントし、232 未満の inode 番号を実施します。inode32 を使用しても、すでに 64 ビットの数値が割り当てられている inode には影響しません。

重要

特定の環境に必要な場合を除き、inode32 オプション は 使用しない でください。inode32 オプションは割り当ての動作を変更します。これにより、下層のディスクブロックに inode を割り当てるための領域がない場合に、ENOSPC エラーが発生する可能性があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。