14.6. 一般的なマウントオプション

本セクションでは、mount ユーティリティーでよく使用されるオプションを示します。

オプションは、次の構文で使用できます。

# mount --options option1,option2,option3 device mount-point

表14.1 一般的なマウントオプション

オプション説明

async

ファイルシステムで非同期の入出力を可能にします。

auto

mount -a コマンドを使用したファイルシステムの自動マウントを可能にします。

defaults

オプション async、auto、dev、exec、nouser、rw、suid のエイリアスを指定します。

exec

特定のファイルシステムでのバイナリーファイルの実行を許可します。

loop

イメージをループデバイスとしてマウントします。

noauto

デフォルトでは、mount -a コマンドを使用したファイルシステムの自動マウントを無効します。

noexec

特定のファイルシステムでのバイナリーファイルの実行は許可しません。

nouser

普通のユーザー (つまり root 以外のユーザー) によるファイルシステムのマウントおよびアンマウントは許可しません。

remount

ファイルシステムがすでにマウントされている場合は再度マウントを行います。

ro

読み取り専用でファイルシステムをマウントします。

rw

ファイルシステムを読み取りと書き込み両方でマウントします。

user

普通のユーザー (つまり root 以外のユーザー) によるファイルシステムのマウントおよびアンマウントを許可します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。