6.3. pNFS と互換性がある SCSI デバイスの確認

この手順では、SCSI デバイスが pNFS SCSI レイアウトに対応しているかどうかを確認します。

前提条件

  • 以下のコマンドで、sg3-utils パッケージがインストールされている。

    # yum install sg3_utils

手順

  • サーバーおよびクライアントの両方で、適切な SCSI デバイスサポートを確認します。

    # sg_persist --in --report-capabilities --verbose path-to-scsi-device

    Persist Through Power Loss Active (PTPL_A) ビットが設定されるようにします。

    例6.1 pNFS SCSI をサポートする SCSI デバイス

    以下は、pNFS SCSI に対応する SCSI デバイスにおける sg_persist 出力の例になります。PTPL _A ビットが 1 を報告します。

        inquiry cdb: 12 00 00 00 24 00
        Persistent Reservation In cmd: 5e 02 00 00 00 00 00 20 00 00
      LIO-ORG   block11           4.0
      Peripheral device type: disk
    Report capabilities response:
      Compatible Reservation Handling(CRH): 1
      Specify Initiator Ports Capable(SIP_C): 1
      All Target Ports Capable(ATP_C): 1
      Persist Through Power Loss Capable(PTPL_C): 1
      Type Mask Valid(TMV): 1
      Allow Commands: 1
      Persist Through Power Loss Active(PTPL_A): 1
        Support indicated in Type mask:
          Write Exclusive, all registrants: 1
          Exclusive Access, registrants only: 1
          Write Exclusive, registrants only: 1
          Exclusive Access: 1
          Write Exclusive: 1
          Exclusive Access, all registrants: 1

関連情報

  • man ページの sg_persist(8)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。