11.4. バックアップからの XFS ファイルシステムの復元

システム管理者は、xfsrestore ユーティリティーを使用して、xfsdump ユーティリティーで作成され、ファイルまたはテープに保存されている XFS バックアップを復元できます。

11.4.1. バックアップから XFS を復元する機能

本セクションでは、xfsrestore ユーティリティーを使用してバックアップから XFS ファイルシステムを復元する際の主な概念と機能を説明します。

xfsrestore ユーティリティーは、xfsdump により作成されたバックアップからファイルシステムを復元します。xfsrestore ユーティリティーには 2 つのモードがあります。

  • simple モードでは、ユーザーはレベル 0 のダンプからファイルシステム全体を復元できます。これがデフォルトのモードです。
  • cumulative モードでは、増分バックアップ (つまりレベル 1 からレベル 9) からファイルシステムを復元できます。

各バックアップは、session ID または session label で一意に識別されます。複数のバックアップを含むテープからバックアップを復元するには、対応するセッション ID またはラベルが必要です。

バックアップから特定のファイルを抽出、追加、または削除するには、xfsrestore インタラクティブモードを起動します。インタラクティブモードでは、バックアップファイルを操作する一連のコマンドが提供されます。

関連情報

  • man ページの xfsrestore(8)

11.4.2. xfsrestore を使用してバックアップから XFS ファイルシステムを復元

この手順では、XFS ファイルシステムの内容を、ファイルまたはテープのバックアップから復元する方法を説明します。

前提条件

手順

  • バックアップを復元するコマンドは、フルバックアップから復元するか、増分バックアップから復元するか、または 1 つのテープデバイスから複数のバックアップを復元するかによって異なります。

    # xfsrestore [-r] [-S session-id] [-L session-label] [-i]
                 -f backup-location restoration-path
    • backup-location を、バックアップの場所に置き換えます。これは、通常のファイル、テープドライブ、またはリモートテープデバイスになります。たとえば、ファイルの場合は /backup-files/Data.xfsdump、テープドライブの場合は /dev/st0 に置き換えます。
    • restoration-path を、ファイルシステムを復元するディレクトリーへのパスに置き換えます。たとえば、/mnt/data/ に置き換えます。
    • ファイルシステムを増分 (レベル 1 からレベル 9) バックアップから復元するには、-r オプションを追加します。
    • 複数のバックアップを含むテープデバイスからバックアップを復元するには、-S オプションまたは -L オプションを使用してバックアップを指定します。

      -S オプションではセッション ID でバックアップを選択でき、-L オプションではセッションラベルで選択できます。セッション ID とセッションラベルを取得するには、xfsrestore -I コマンドを使用します。

      session-id を、バックアップのセッション ID に置き換えます。たとえば、b74a3586-e52e-4a4a-8775-c3334fa8ea2c に置き換えます。session-label を、バックアップのセッションラベルに置き換えます。たとえば、my_backup_session_label に置き換えます。

    • xfsrestore をインタラクティブに使用するには、-i オプションを使用します。

      インタラクティブダイアログは、指定されたデバイスの、xfsrestore による読み取りが終了してから始まります。インタラクティブな xfsrestore シェルの使用可能なコマンドには、cdlsadddeleteextract があります。コマンドの全リストを見るには、help コマンドを使用します。

例11.2 複数の XFS ファイルシステムの復元

  • XFS バックアップファイルを復元し、その内容を /mnt/ 配下のディレクトリーに保存するには、次のコマンドを実行します。

    # xfsrestore -f /backup-files/boot.xfsdump /mnt/boot/
    # xfsrestore -f /backup-files/data.xfsdump /mnt/data/
  • 複数のバックアップを含むテープデバイスから復元するには、各バックアップをセッションラベルまたはセッション ID で指定します。

    # xfsrestore -L "backup_boot" -f /dev/st0 /mnt/boot/
    # xfsrestore -S "45e9af35-efd2-4244-87bc-4762e476cbab" \
                 -f /dev/st0 /mnt/data/

関連情報

  • man ページの xfsrestore(8)

11.4.3. テープから XFS バックアップを復元するときの情報メッセージ

複数のファイルシステムのバックアップを使用してテープからバックアップを復元するとき、xfsrestore ユーティリティーがメッセージを出力することがあります。メッセージは、xfsrestore がテープ上の各バックアップを順番に調べたときに、要求されたバックアップと一致するものが見つかったかどうかを通知します。以下に例を示します。

xfsrestore: preparing drive
xfsrestore: examining media file 0
xfsrestore: inventory session uuid (8590224e-3c93-469c-a311-fc8f23029b2a) does not match the media header's session uuid (7eda9f86-f1e9-4dfd-b1d4-c50467912408)
xfsrestore: examining media file 1
xfsrestore: inventory session uuid (8590224e-3c93-469c-a311-fc8f23029b2a) does not match the media header's session uuid (7eda9f86-f1e9-4dfd-b1d4-c50467912408)
[...]

情報メッセージは、一致するバックアップが見つかるまで継続して表示されます。

11.4.4. 関連情報

  • man ページの xfsrestore(8)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。