Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第14章 ファイルシステムのマウント

システム管理者は、システムにファイルシステムをマウントすると、ファイルシステムのデータにアクセスできます。

14.1. Linux のマウントメカニズム

本セクションでは、Linux でのファイルシステムのマウントに関する基本概念を説明します。

Linux、UNIX、および類似のオペレーティングシステムでは、さまざまなパーティションおよびリムーバブルデバイス (CD、DVD、USB フラッシュドライブなど) にあるファイルシステムをディレクトリーツリーの特定のポイント (マウントポイント) に接続して、再度切り離すことができます。ファイルシステムがディレクトリーにマウントされている間は、そのディレクトリーの元の内容にアクセスすることはできません。

Linux では、ファイルシステムがすでに接続されているディレクトリーにファイルシステムをマウントできます。

マウント時には、次の方法でデバイスを識別できます。

  • UUID (Universally Unique Identifier) - UUID=34795a28-ca6d-4fd8-a347-73671d0c19cb など
  • ボリュームラベル - LABEL=home など
  • 非永続的なブロックデバイスへのフルパス - /dev/sda3 など

デバイス名、目的のディレクトリー、ファイルシステムタイプなど、必要な情報をすべて指定せずに mount コマンドを使用してファイルシステムをマウントすると、mount ユーティリティーは /etc/fstab ファイルの内容を読み取り、指定のファイルシステムが記載されているかどうかを確認します。/etc/fstab ファイルには、選択したファイルシステムがマウントされるデバイス名およびディレクトリーのリスト、ファイルシステムタイプ、およびマウントオプションが含まれます。そのため、/etc/fstab で指定されたファイルシステムをマウントする場合は、以下のコマンド構文で十分です。

  • マウントポイントによるマウント:

    # mount directory
  • ブロックデバイスによるマウント:

    # mount device

14.2. 現在マウントされているファイルシステムの一覧表示

この手順では、コマンドラインに、現在マウントされているファイルシステムの一覧を表示する方法を説明します。

手順

  • マウントされているファイルシステムの一覧を表示するには、findmnt ユーティリティーを使用します。

    $ findmnt
  • 一覧表示されているファイルシステムを、特定のファイルシステムタイプに制限するには、--types オプションを追加します。

    $ findmnt --types fs-type

    以下に例を示します。

    例14.1 XFS ファイルシステムのみを表示

    $ findmnt --types xfs
    
    TARGET  SOURCE                                                FSTYPE OPTIONS
    /       /dev/mapper/luks-5564ed00-6aac-4406-bfb4-c59bf5de48b5 xfs    rw,relatime
    ├─/boot /dev/sda1                                             xfs    rw,relatime
    └─/home /dev/mapper/luks-9d185660-7537-414d-b727-d92ea036051e xfs    rw,relatime

関連情報

  • man ページのfindmnt(8)

14.3. mount でファイルシステムのマウント

この手順では、mount ユーティリティーを使用してファイルシステムをマウントする方法を説明します。

前提条件

  • 選択したマウントポイントにファイルシステムがマウントされていない。

    $ findmnt mount-point

手順

  1. 特定のファイルシステムを添付する場合は、mount ユーティリティーを使用します。

    # mount device mount-point

    例14.2 XFS ファイルシステムのマウント

    たとえば、UUID により識別されるローカル XFS ファイルシステムをマウントするには、次のコマンドを実行します。

    # mount UUID=ea74bbec-536d-490c-b8d9-5b40bbd7545b /mnt/data
  2. mount がファイルシステムタイプを自動的に認識できない場合は、--types オプションで指定します。

    # mount --types type device mount-point

    例14.3 NFS ファイルシステムのマウント

    たとえば、リモートの NFS ファイルシステムをマウントするには、次のコマンドを実行します。

    # mount --types nfs4 host:/remote-export /mnt/nfs

関連情報

  • mount(8) の man ページ

14.4. マウントポイントの移動

この手順では、マウントされたファイルシステムのマウントポイントを、別のディレクトリーに変更する方法を説明します。

手順

  1. ファイルシステムがマウントされているディレクトリーを変更するには、以下のコマンドを実行します。

    # mount --move old-directory new-directory

    例14.4 ホームファイルシステムの移動

    たとえば、/mnt/userdirs/ ディレクトリーにマウントされたファイルシステムを /home/ マウントポイントに移動するには、以下のコマンドを実行します。

    # mount --move /mnt/userdirs /home
  2. ファイルシステムが想定どおりに移動したことを確認します。

    $ findmnt
    $ ls old-directory
    $ ls new-directory

関連情報

  • mount(8) の man ページ

14.5. umount でファイルシステムのアンマウント

この手順では、umount ユーティリティーを使用してファイルシステムをアンマウントする方法を説明します。

手順

  1. 次のいずれかのコマンドを使用してファイルシステムをアンマウントします。

    • マウントポイントで行う場合は、以下のコマンドを実行します。

      # umount mount-point
    • デバイスで行う場合は、以下のコマンドを実行します。

      # umount device

    コマンドが次のようなエラーで失敗した場合は、プロセスがリソースを使用しているため、ファイルシステムが使用中であることを意味します。

    umount: /run/media/user/FlashDrive: target is busy.
  2. ファイルシステムが使用中の場合は、fuser ユーティリティーを使用して、ファイルシステムにアクセスしているプロセスを特定します。以下に例を示します。

    $ fuser --mount /run/media/user/FlashDrive
    
    /run/media/user/FlashDrive: 18351

    その後、ファイルシステムを使用してプロセスを終了し、マウント解除を再度試みます。

14.6. 一般的なマウントオプション

本セクションでは、mount ユーティリティーでよく使用されるオプションを示します。

オプションは、次の構文で使用できます。

# mount --options option1,option2,option3 device mount-point

表14.1 一般的なマウントオプション

オプション説明

async

ファイルシステムで非同期の入出力を可能にします。

auto

mount -a コマンドを使用したファイルシステムの自動マウントを可能にします。

defaults

オプション async、auto、dev、exec、nouser、rw、suid のエイリアスを指定します。

exec

特定のファイルシステムでのバイナリーファイルの実行を許可します。

loop

イメージをループデバイスとしてマウントします。

noauto

デフォルトでは、mount -a コマンドを使用したファイルシステムの自動マウントを無効します。

noexec

特定のファイルシステムでのバイナリーファイルの実行は許可しません。

nouser

普通のユーザー (つまり root 以外のユーザー) によるファイルシステムのマウントおよびアンマウントは許可しません。

remount

ファイルシステムがすでにマウントされている場合は再度マウントを行います。

ro

読み取り専用でファイルシステムをマウントします。

rw

ファイルシステムを読み取りと書き込み両方でマウントします。

user

普通のユーザー (つまり root 以外のユーザー) によるファイルシステムのマウントおよびアンマウントを許可します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。