第8章 Red Hat Enterprise Linux での SMB 共有のマウント

Server Message Block (SMB) プロトコルは、アプリケーション層のネットワークプロトコルを実装します。これは、ファイル共有や共有プリンターなど、サーバー上のリソースにアクセスするために使用されます。

注記

SMB のコンテキストでは、SMB ダイアレクトである CIFS (Common Internet File System) プロトコルが言及されています。SMB と CIFS の両方のプロトコルがサポートされており、SMB 共有と CIFS 共有のマウントに関連するカーネルモジュールとユーティリティーはどちらも cifs という名前を使用します。

本セクションでは、SMB サーバーから共有をマウントする方法を説明します。Samba を使用して Red Hat Enterprise Linux に SMB サーバーを設定する方法は、「Samba をサーバーとして使用」を参照してください。

前提条件

SMB は、Microsoft Windows にはデフォルトで実装されています。Red Hat Enterprise Linux では、カーネルの cifs.ko ファイルシステムモジュールが SMB 共有のマウントに対応します。したがって、cifs-utils パッケージをインストールします。

# yum install cifs-utils

cifs-utils パッケージには、以下を行うユーティリティーがあります。

  • SMB 共有と CIFS 共有をマウントする
  • カーネルのキーリングで、NT Lan Manager (NTLM) の認証情報を管理する
  • SMB 共有および CIFS 共有のセキュリティー記述子で、アクセス制御リスト (ACL) を設定して、表示する

8.1. 対応している SMB プロトコルのバージョン

cifs.ko カーネルモジュールは、以下の SMB プロトコルバージョンをサポートします。

  • SMB 1
  • SMB 2.0
  • SMB 2.1
  • SMB 3.0
  • SMB 3.1.1
注記

プロトコルのバージョンによっては、一部の SMB 機能しか実装されていません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。