Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.2. 特定のアドバイザリーが提供するセキュリティー更新のインストール

特定の状況では、特定の更新のみをインストールする場合があります。たとえば、ダウンタイムをスケジュールせずに特定のサービスを更新できる場合は、このサービスにのみセキュリティー更新をインストールし、後で残りのセキュリティー更新をインストールできます。

前提条件

手順

  1. 特定のアドバイザリーをインストールします。

    # yum update --advisory=<Update ID>

    Update ID を必要なアドバイザリーに置き換えます。たとえば、#yum update --advisory=<RHSA-2019:0997> となります。

  2. y を押してインストールを確認し、起動します。

    ...
    Transaction Summary
    ===========================================
    Upgrade  ... Packages
    
    Total download size: ... M
    Is this ok [y/d/N]: y
  3. 必要に応じて、更新されたパッケージのインストール後にシステムを手動で再起動する必要のあるプロセスの一覧を表示します。

    # yum needs-restarting
    1107 : /usr/sbin/rsyslogd -n
    1199 : -bash
    注記

    このコマンドは、サービスではなく、再起動が必要なプロセスのみを一覧表示します。これは、systemctl ユーティリティーを使用して一覧表示されているプロセスをすべて再起動できないことを意味します。たとえば、このプロセスを所有するユーザーがログアウトすると、この出力内の bash プロセスは終了します。