Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2. AD ドメインからの RHEL システムの削除

この手順では、Active Directory (AD) に直接統合されている Red Hat Enterprise Linux (RHEL) システムを AD ドメインから直接削除する方法について説明します。

前提条件

  • System Security Services Daemon (SSSD) または Samba Winbind を使用して、RHEL システムを AD に接続しました。

手順

  1. realm leave コマンドを使用して、ID ドメインからシステムを削除します。このコマンドは、SSSD およびローカルシステムからドメイン設定を削除します。

    # realm leave ad.example.com
    注記

    クライアントがドメインからいなくなっても、アカウントは AD から削除されず、ローカルクライアントの設定のみが削除されます。AD アカウントを削除する場合は、--remove オプションを指定してコマンドを実行します。ユーザーパスワードの入力が求められ、Active Directory からアカウントを削除する権限が必要になります。

  2. realm leave コマンドに -U オプションを付けて実行し、システムを ID ドメインから削除する別のユーザーを指定します。

    デフォルトでは、realm leave コマンドはデフォルトの管理者として実行されます。AD の場合は、管理者アカウントは Administrator と呼ばれます。ドメインに参加するために別のユーザーを使用していた場合は、そのユーザーとして削除を実行しないといけない場合があります。

    # realm leave [ad.example.com] -U [AD.EXAMPLE.COM\user]'

コマンドは最初に認証情報なしで接続を試みますが、必要に応じてパスワードが要求されます。

検証手順

  • ドメインが設定されていないことを確認します。

    # realm discover [ad.example.com]
    ad.example.com
        type: kerberos
        realm-name: EXAMPLE.COM
        domain-name: example.com
        configured: no
        server-software: active-directory
        client-software: sssd
        required-package: oddjob
        required-package: oddjob-mkhomedir
        required-package: sssd
        required-package: adcli
        required-package: samba-common-tools

関連情報

  • man ページの realm(8) を参照してください。