Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.4. RHEL システムの AD ドメインへの参加

Samba Winbind は、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) システムを Active Directory (AD) に接続するための System Security Services Daemon (SSSD) の代替手段です。本セクションでは、realmd を使用して Samba Winbind を設定して、RHEL システムを AD ドメインに参加させる方法を説明します。

手順

  1. AD で Kerberos 認証に非推奨の RC4 暗号化タイプが必要な場合は、RHEL でこの暗号のサポートを有効にします。

    # update-crypto-policies --set DEFAULT:AD-SUPPORT
  2. 以下のパッケージをインストールします。

    # yum install realmd oddjob-mkhomedir oddjob samba-winbind-clients \
           samba-winbind samba-common-tools samba-winbind-krb5-locator
  3. ドメインメンバーでディレクトリーまたはプリンターを共有するには、samba パッケージをインストールします。

    # yum install samba
  4. 既存の Samba 設定ファイル /etc/samba/smb.conf をバックアップします。

    # mv /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.bak
  5. ドメインに参加します。たとえば、ドメイン ad.example.com に参加するには、以下のコマンドを実行します。

    # realm join --membership-software=samba --client-software=winbind ad.example.com

    上記のコマンドを使用すると、realm ユーティリティーが自動的に以下を実行します。

    • ad.example.com ドメインのメンバーシップに /etc/samba/smb.conf ファイルを作成します。
    • ユーザーおよびグループの検索用の winbind モジュールを、/etc/nsswitch.conf ファイルに追加します。
    • /etc/pam.d/ ディレクトリーの PAM (プラグ可能な認証モジュール) 設定ファイルを更新します。
    • winbind サービスを起動し、システムの起動時にサービスを起動できるようにします。
  6. 必要に応じて、/etc/samba/smb.conf ファイルの別の ID マッピングバックエンド、またはカスタマイズした ID マッピングを設定します。詳細は、SambaID マッピングの理解と設定 を参照してください。
  7. /etc/krb5.conf ファイルを編集し、以下のセクションを追加します。

    [plugins]
        localauth = {
            module = winbind:/usr/lib64/samba/krb5/winbind_krb5_localauth.so
            enable_only = winbind
        }
  8. winbind サービスが稼働していることを確認します。

    # systemctl status winbind
    ...
       Active: active (running) since Tue 2018-11-06 19:10:40 CET; 15s ago
    重要

    Samba がドメインのユーザーおよびグループの情報をクエリーできるようにするには、smb を起動する前に winbind サービスを実行する必要があります。

  9. samba パッケージをインストールしてディレクトリーおよびプリンターを共有している場合は、smb サービスを有効化して開始します。

    # systemctl enable --now smb

検証手順

  1. AD ドメインの AD 管理者アカウントなど、AD ユーザーの詳細を表示します。

    # getent passwd "AD\administrator"
    AD\administrator:*:10000:10000::/home/administrator@AD:/bin/bash
  2. AD ドメイン内のドメインユーザーグループのメンバーをクエリーします。

    # getent group "AD\Domain Users"
        AD\domain users:x:10000:user1,user2
  3. オプションで、ファイルやディレクトリーに権限を設定する際に、ドメインのユーザーおよびグループを使用できることを確認します。たとえば、/srv/samba/example.txt ファイルの所有者を AD\administrator に設定し、グループを AD\Domain Users に設定するには、以下のコマンドを実行します。

    # chown "AD\administrator":"AD\Domain Users" /srv/samba/example.txt
  4. Kerberos 認証が期待どおりに機能することを確認します。

    1. AD ドメインメンバーで、administrator@AD.EXAMPLE.COM プリンシパルのチケットを取得します。

      # kinit administrator@AD.EXAMPLE.COM
    2. キャッシュされた Kerberos チケットを表示します。

      # klist
      Ticket cache: KCM:0
      Default principal: administrator@AD.EXAMPLE.COM
      
      Valid starting       Expires              Service principal
      01.11.2018 10:00:00  01.11.2018 20:00:00  krbtgt/AD.EXAMPLE.COM@AD.EXAMPLE.COM
              renew until 08.11.2018 05:00:00
  5. 利用可能なドメインの表示:

    # wbinfo --all-domains
    BUILTIN
    SAMBA-SERVER
    AD

関連情報