第1章 AppStream の使用

次のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 8 の AppStream リポジトリーに関する概念を説明します。

1.1. RHEL 8 のコンテンツの配布

RHEL 8 のコンテンツは、BaseOSAppStream の 2 つのメインリポジトリーにより配布されます。

BaseOS
BaseOS リポジトリーのコンテンツは、すべてのインストールの基盤となる、基本的な OS 機能のコアセットを提供します。このコンテンツは RPM 形式で提供されており、以前のリリースの Red Hat Enterprise Linux と同様のサポート条件が適用されます。
AppStream
AppStream リポジトリーのコンテンツは、さまざまなワークロードとユースケースに対応するために、ユーザー領域アプリケーション、ランタイム言語、およびデータベースが同梱されます。AppStream のコンテンツ形式は、従来の RPM 形式と、RPM 形式の拡張 (モジュール と呼ばれます) の 2 つが利用できます。
重要

基本的な RHEL インストールには、BaseOS と AppStream の両方のコンテンツセットが必要で、すべての RHEL サブスクリプションで利用できます。インストール方法は「RHEL のインストールおよびデプロイメント」を参照してください。