Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 モジュールの概要

AppStream リポジトリーには、個別の RPM パッケージとモジュールが含まれます。モジュールはコンポーネントを表し、通常はまとめてインストールされる一連の RPM パッケージです。通常のモジュールには、アプリケーションを含むパッケージ、アプリケーション固有の依存関係ライブラリーを含むパッケージ、アプリケーションのドキュメントを含むパッケージ、およびヘルプユーティリティーを含むパッケージが含まれます。

以降のセクションでは、モジュールのコンテンツを統合して処理する機能を説明します。

2.1. モジュールストリーム

モジュールのストリームは、AppStream 物理リポジトリーで仮想的なリポジトリーとして扱えるフィルターです。モジュールストリームは、AppStream コンポーネントのバージョンを表します。各ストリームが、それぞれ独立して更新を受け取ります。

モジュールストリームは、アクティブまたは非アクティブにできます。アクティブなストリームでは、特定モジュールストリームの RPM パッケージにシステムがアクセスできるようになり、コンポーネントの各バージョンのインストールを可能にします。ストリームは、デフォルトとしてマークされている場合、またはユーザーにより明示的に有効になった場合に限り、アクティブになります。

あるモジュールの中で同時にアクティブにできるストリームは 1 つだけです。したがって、1 つのシステムにインストールできるコンポーネントは、1 つのバージョンだけです。複数のコンテナーで異なるバージョンを使用できます。

各モジュールは、デフォルトのストリームを持つことができます。デフォルトのストリームは、モジュールについて学ぶ必要はなく、通常の方法で RHEL パッケージを簡単に使用できます。モジュール全体が無効になっている場合、またはそのモジュールの別のストリームが有効になっている場合を除き、デフォルトのストリームはアクティブです。

特定のモジュールストリームは、その他のモジュールストリームに依存します。たとえば、モジュールストリームの perl-App-cpanminusperl-DBD-MySQLperl-DBD-Pgperl-DBD-SQLiteperl-DBIperl-YAML、および freeradius は、perl モジュールストリームに依存します。

ランタイムユーザーアプリケーションまたは開発者用アプリケーションの特定のストリームを選択するには、以下を検討してください。

  • 必要な機能と、サポートされるコンポーネントのバージョン
  • 互換性
  • ライフサイクル の期間と更新計画

利用可能なモジュールおよびストリームの一覧は『パッケージマニフェスト』を参照してください。コンポーネント別の変更は、『リリースノート』を参照してください。

例2.1 postgresql モジュールストリーム

postgresql モジュールは、ストリームの 9.610、および 12 で、バージョンがそれぞれ 9.6、10、および 12 の PostgreSQL データベースを提供します。ストリーム 10 は現在デフォルトとなっているストリームです。つまり、postgresql と指定すると、システムは postgresql-10.6 パッケージのインストールを試みます。

関連情報