Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

1.2. アプリケーションストリーム

Red Hat Enterprise Linux 8 では、アプリケーションストリームの概念 (ユーザー空間コンポーネントのバージョン) が導入されています。ユーザー空間コンポーネントのバージョンが複数配信され、オペレーティングシステムのコアパッケージよりも頻繁に更新されるようになりました。これにより、プラットフォームや特定デプロイメントの基本的な安定性に影響を及ぼすことなく、Red Hat Enterprise Linux をカスタマイズできる柔軟性が向上しました。

アプリケーションストリームとして使用できるコンポーネントは、モジュールまたは RPM パッケージとしてパッケージ化され、Red Hat Enterprise Linux 8 の AppStream リポジトリーを介して配信されます。各アプリケーションストリームには、特定のアプリケーションにより適した、RHEL 8 と同じか、より短いライフサイクルが指定されています。ライフサイクルが短いアプリケーションストリームは、「Red Hat Enterprise Linux 8 Application Streams ライフサイクル」ページに記載されています。

注記

すべてのモジュールがアプリケーションストリームというわけではありません。その他のモジュールの依存関係は、アプリケーションストリームコンポーネントとは見なされません。