Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

13.7. IdM クライアントのインストール時に実行する接続

IdM クライアントのインストール時に実行する要求には、Identity Management (IdM) のクライアントインストールツールである ipa-client-install により実行される操作の一覧が記載されています。

表13.1 IdM クライアントのインストール時に実行する要求

操作使用プロトコル目的

クライアントシステムに設定した DNS リゾルバーに対する DNS 解決

DNS

IdM サーバーの IP アドレスを検出。(任意) A/AAAA および SSHFP レコードを追加。

IdM レプリカ上のポート 88 (TCP/TCP6 および UDP/UDP6) への要求

Kerberos

Kerberos チケットの取得。

検出または設定された IdM サーバー上の IdM Apache ベースの Web サービスへの JSON-RPC 呼び出し

HTTPS

IdM クライアント登録。LDAP の方法が失敗した場合に CA 証明書チェーンを取得。必要な場合は証明書の発行を要求。

SASL GSSAPI 認証、プレーン LDAP、またはこの両方を使用した、IdM サーバー上のポート 389 (TCP/TCP6) への要求

LDAP

IdM クライアント登録、SSSD プロセスによるアイデンティティーの取得、ホストプリンシパルの Kerberos キーの取得。

ネットワークタイムプロトコル (NTP) の検出および解決 (任意)

NTP

クライアントシステムと NTP サーバー間の時間を同期。