1.3. コマンドラインからの sos レポートの生成

sosreport コマンドを使用して、RHEL サーバーから sos レポートを収集します。

前提条件

  • sos をインストールしている。
  • root 権限が必要である。

手順

  1. sosreport を実行し、画面の指示に従います。バージョン 3.9 以降の sos パッケージでは、--upload オプションを追加して、sos レポートの生成直後に Red Hat に転送できます。

    [user@server1 ~]$ sudo sosreport
    [sudo] password for user:
    
    sosreport (version 3.9)
    
    This command will collect diagnostic and configuration information from
    this Red Hat Enterprise Linux system and installed applications.
    
    An archive containing the collected information will be generated in
    /var/tmp/sos.qkn_b7by and may be provided to a Red Hat support
    representative.
    
    ...
    
    Press ENTER to continue, or CTRL-C to quit.
  2. (オプション) Red Hat でテクニカルサポートケースをすでに起票している場合には、ケース番号を入力して sos レポートファイルの名前に追加します。--upload を指定している場合は対象のケースにアップロードされます。ケース番号がない場合は、このフィールドを空白にしておきます。ケース番号の入力は任意であるため、sosreport ユーティリティーの動作には影響はありません。

    Please enter the case id that you are generating this report for []: <8-digit_case_number>
  3. コンソール出力の末尾に表示されている sos レポートファイルの名前を書き留めておきます。

    ...
    Finished running plugins
    Creating compressed archive...
    
    Your sosreport has been generated and saved in:
    /var/tmp/sosreport-server1-12345678-2020-09-17-qmtnqng.tar.xz
    
    Size    16.51MiB
    Owner   root
    md5     bba955bbd9a434954e18da0c6778ba9a
    
    Please send this file to your support representative.
注記

--batch を使用すると、対話形式で入力を求められることなく、sos レポートを生成できます。

[user@server1 ~]$ sudo sosreport --batch --case-id <8-digit_case_number>

検証手順

  • sosreport ユーティリティーが /var/tmp/ で、コマンド出力の説明と一致するアーカイブを作成したことを確認します。

    [user@server1 ~]$ sudo ls -l /var/tmp/sosreport*
    [sudo] password for user:
    -rw-------. 1 root root 17310544 Sep 17 19:11 /var/tmp/sosreport-server1-12345678-2020-09-17-qmtnqng.tar.xz