Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第4章 開発用の追加ツールセット

4.1. GCC Toolset の使用

4.1.1. GCC Toolset とは

Red Hat Enterprise Linux 8 では、最新バージョンの開発ツールおよびパフォーマンス解析ツールを含む GCC Toolset が Application Stream に導入されました。GCC Toolset は、RHEL 7 の Red Hat Developer Toolset に類似したツールセットです。

GCC Toolset は、AppStream リポジトリーにおいて、Software Collection の形式で、Application Stream として利用できます。GCC Toolset は、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション契約で完全にサポートされており、機能的に完全で、実稼働環境での使用を対象としています。GCC Toolset が提供するアプリケーションおよびライブラリーは、Red Hat Enterprise Linux システムのバージョンを置き換えず、上書きせず、自動的にデフォルトまたは推奨される選択肢になるわけではありません。Software Collection というフレームワークを使用すると、追加の開発者ツールセットが /opt/ ディレクトリーにインストールされ、ユーザーが scl ユーティリティーを使用してオンデマンドで明示的に有効にします。特定のツールや機能について特に記載がない限り、Red Hat Enterprise Linux が対応するすべてのアーキテクチャーで GCC Toolset が利用できます。

4.1.2. GCC Toolset のインストール

システムに GCC Toolset をインストールすると、メインのツールと、必要な依存関係がすべてインストールされます。ツールセットの一部はデフォルトではインストールされず、個別にインストールする必要があります。

手順

  • GCC Toolset バージョン N をインストールするには、次のコマンドを実行します。

    # yum install gcc-toolset-N

4.1.3. GCC Toolset からの個別パッケージのインストール

ツールセット全体ではなく、GCC Toolset から特定のツールのみをインストールするには、利用可能なパッケージの一覧を表示し、yum パッケージ管理ツールで選択したツールをインストールします。この手順では、デフォルトではツールセットでインストールされていないパッケージにも便利です。

手順

  1. GCC Toolset バージョン N で利用可能なパッケージの一覧を表示します。

    $ yum list available gcc-toolset-N-\*
  2. このパッケージのいずれかをインストールするには、次のコマンドを実行します。

    # yum install package_name

    package_name を、インストールするパッケージの一覧に置き換えます。パッケージ名はスペースで区切られます。たとえば、gcc-toolset-9-gdb-gdbserver パッケージおよび gcc-toolset-9-gdb-doc パッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

    # {PackageManagerCommand} install gcc-toolset-9-gdb-gdbserver gcc-toolset-9-gdb-doc

4.1.4. GCC Toolset のアンインストール

システムから GCC Toolset を削除するには、yum パッケージ管理ツールを使用してアンインストールします。

手順

  • GCC Toolset バージョン N をアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

    # yum remove gcc-toolset-N\*

4.1.5. GCC Toolset のツールの実行

GCC Toolset のツールを実行するには、scl ユーティリティーを使用します。

手順

  • GCC Toolset バージョン N のツールを実行するには、次のコマンドを実行します。

    $ scl enable gcc-toolset-N tool

4.1.6. GCC Toolset でシェルセッションの実行

GCC Toolset では、scl コマンドを明示的に使用せずに、このようなツールのシステムバージョンの代わりに、GCC Toolset ツールのバージョンを使用しているシェルセッションを実行できます。これは、開発設定のセットアップ時またはテスト時など、ツールを何度もインタラクティブに起動する必要がある場合に便利です。

手順

  • GCC Toolset バージョン N のツールバージョンが、このようなツールのシステムバージョンをオーバーライドするシェルセッションを実行するには、次のコマンドを実行します。

    $ scl enable gcc-toolset-N bash