第1章 Red Hat Enterprise Linux での .NET Core 3.1 の使用

1.1. .NET Core のインストール

この手順では、最新の 3.1 SDK を使用して .NET Core 3.1 ランタイムをインストールします。新しい SDK が使用可能になると、パッケージの更新として自動的にインストールされます。

手順

.NET Core 3.1 は、RHEL 8 の AppStream リポジトリーに含まれています。AppStream リポジトリーは、RHEL 8 システムでデフォルトで有効になっています。

  1. .NET Core 3.1 とそのすべての依存関係をインストールします。

    $ sudo yum install dotnet-sdk-3.1 -y
  2. 次のコマンドを実行して、インストールを確認します。

    $ dotnet --info