2.4. サンプルアプリケーション

.NET Core S2I ビルダーでは、2 つのサンプルアプリケーションを使用できます。

2.4.1. MVC サンプルアプリケーションの作成

s2i-dotnetcore-ex は、デフォルトの.NET Core Model、View、Controller (MVC) テンプレートアプリケーションです。

このアプリケーションは、.NET Core S2I イメージによってサンプルアプリケーションとして使用され、Try Example リンクを使用して OpenShift UI から直接作成できます。

アプリケーションは、OpenShift クライアントバイナリー (oc) を使用して作成することもできます。

手順

oc を使用してサンプルアプリケーションを作成するには、以下を行います。

  1. .NET Core アプリケーションを追加します。

    $ oc new-app dotnet:3.1~https://github.com/redhat-developer/s2i-dotnetcore-ex#dotnetcore-3.1 --context-dir=app
  2. .NET Core アプリケーションが外部からアクセスできるようにし、URL を表示します。

    $ oc expose service s2i-dotnetcore-ex
    $ oc get route s2i-dotnetcore-ex

関連情報

2.4.2. CRUD サンプルアプリケーションの作成

s2i-dotnetcore-persistent-ex は、PostgreSQL データベースにデータを格納する単純な Create、Read、Update、Delete (CRUD) の .NET Core Web アプリケーションです。

手順

アプリケーションは、次のように OpenShift クライアント oc を使用して作成できます。

  1. データベースを追加します。

    $ oc new-app postgresql-ephemeral
  2. .NET Core アプリケーションを追加します。

    $ oc new-app dotnet:3.1~https://github.com/redhat-developer/s2i-dotnetcore-persistent-ex#dotnetcore-3.1 --context-dir app
  3. postgresql シークレットおよびデータベースサービス名環境変数から環境変数を追加します。

    $ oc set env dc/s2i-dotnetcore-persistent-ex --from=secret/postgresql -e database-service=postgresql
  4. .NET Core アプリケーションが外部からアクセスできるようにし、URL を表示します。

    $ oc expose service s2i-dotnetcore-persistent-ex
    $ oc get route s2i-dotnetcore-persistent-ex

関連情報