RHEL 8 での.NET アプリケーションの開発

Red Hat Enterprise Linux 8

Red Hat Enterprise Linux 8 で .NET アプリケーションを開発する .NET Core 3.1 のインストールおよび実行

Red Hat Customer Content Services

概要

.NET Core は、自動メモリー管理と最新のプログラミング言語を備えた汎用開発プラットフォームです。これにより、ユーザーは高品質のアプリケーションを効率的に構築できます。.NET Core は、認定済みのコンテナーを介して Red Hat Enterprise Linux および OpenShift Container Platform で利用できます。
.NET Core には次の機能があります。
  • マイクロサービスベースのアプローチに従う機能。一部のコンポーネントは .NET で構築され、他のコンポーネントは Java で構築されますが、すべてが Red Hat Enterprise Linux および OpenShift Container Platform でサポートされている共通プラットフォームで実行できます。
  • Microsoft Windows で新しい .NET Core ワークロードをより簡単に開発する能力。Red Hat Enterprise Linux または Windows Server のいずれかにデプロイして実行できます。
  • 異機種環境のデータセンター。基盤となるインフラストラクチャーが Windows Server にのみ依存することなく .NET アプリケーションを実行できます。
.NET Core 3.1 は、Red Hat Enterprise Linux 7、Red Hat Enterprise Linux 8、および OpenShift Container Platform バージョン 3.3 以降でサポートされています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。