1.5. RHEL クラウドインスタンスを作成する方法

RHEL インスタンスをパブリッククラウドプラットフォームにデプロイするには、次のいずれかの方法を使用できます。

RHEL のシステムイメージを作成し、クラウドプラットフォームにインポートします。

  • システムイメージを作成するには、RHEL Image Builder を使用するか、イメージを手動で構築します。
  • これは既存の RHEL サブスクリプションを使用する方法で、bring your own subscription (BYOS) とも呼ばれます。
  • 年間サブスクリプションを前払いすると、Red Hat お客様割引を利用できます。
  • カスタマーサービスは Red Hat によって提供されます。
  • 複数のイメージを効率的に作成するには、cloud-init ツールを使用できます。

RHEL インスタンスをクラウドプロバイダーマーケットプレイスから直接購入します。

  • サービスの利用に対して時間料金を後払いで支払います。したがって、この方法は 従量課金制 (PAYG) とも呼ばれます。
  • カスタマーサービスはクラウドプラットフォームプロバイダーによって提供されます。
注記

さまざまな方法を使用して Google Cloud Platform に RHEL インスタンスをデプロイする詳細な手順については、このドキュメントの次の章を参照してください。