Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.4.7. イメージからの Google Compute Engine インスタンスの作成

GCP コンソールを使用して GCE 仮想マシンインスタンスを設定するには、以下の手順を行います。

注記

以下の手順では、GCP コンソールを使用して基本的な仮想マシンインスタンスを作成する方法を説明します。GCE 仮想マシンインスタンスおよびその設定オプションの詳細は、「VM インスタンスの作成と起動 」を参照してください。

手順

  1. GCP Console Dashboard ページ から、Google Cloud Console バナー の左側にあるナビゲーションメニューをクリックし 、Compute Engine を選択して イメージ を選択します。
  2. イメージを選択します。
  3. インスタンスの作成 をクリックします。
  4. インスタンスの作成 ページで、インスタンスの 名前 を入力します。
  5. 地域ゾーン を選択します。
  6. ワークロードの要件を満たすか、それを超える マシン設定 を選択します。
  7. ブートディスク にイメージ名が指定されていることを確認します。
  8. 必要に応じて、ファイアウォールHTTP トラフィックを許可する か、HTTPS トラフィックを許可する を選択します。
  9. 作成 をクリックします。

    注記

    これらは、基本インスタンスの作成に必要な最小限の設定オプションです。アプリケーション要件に応じて追加オプションを確認します。

  10. VM インスタンス にあるイメージを見つけます。
  11. GCP Console Dashboard から、Google の Cloud Console バナー の左側にある ナビゲーション メニューをクリックし、Compute Engine を選択してから 仮想マシンインスタンス を選択します。

    注記

    または、CLI コマンド gcloud compute instances create を使用して、イメージから GCE 仮想マシンインスタンスを作成することもできます。簡単な例を以下に示します。

    gcloud compute instances create myinstance3 --zone=us-central1-a --image test-iso2-image

    この例では、既存のイメージ test-iso2-image に基づいて、ゾーン us-central1-amyinstance3 という名前の仮想マシンインスタンスを作成します。詳細は、「gcloud compute instances create 」を参照してください。