Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

1.8. Azure での仮想マシンの作成および起動

以下の手順では、イメージから管理ディスクの Azure 仮想マシンを作成するための最小限のコマンドオプションを説明します。追加オプションは、「az vm create 」を参照してください。

手順

  1. 次のコマンドを実行して仮想マシンを作成します。

    注記

    --generate-ssh-keys オプションを指定すると、秘密鍵と公開鍵のペアが作成されます。秘密鍵ファイルと公開鍵ファイルが、システムの ~/.ssh に作成されます。公開鍵は、--admin-username オプションで指定したユーザーの仮想マシン上の authorized_keys ファイルに追加されます。詳細は、「その他の認証方法 」を参照してください。

    $ az vm create -g <resource-group> -l <azure-region> -n <vm-name> --vnet-name <vnet-name> --subnet <subnet-name> --size Standard_A2 --os-disk-name <simple-name> --admin-username <administrator-name> --generate-ssh-keys --image <path-to-image>

    たとえば、以下のようになります。

    [clouduser@localhost]$ az vm create -g azrhelclirsgrp2 -l southcentralus -n rhel-azure-vm-1 --vnet-name azrhelclivnet1 --subnet azrhelclisubnet1  --size Standard_A2 --os-disk-name vm-1-osdisk --admin-username clouduser --generate-ssh-keys --image rhel8
    
    {
      "fqdns": "",
      "id": "/subscriptions//resourceGroups/azrhelclirsgrp/providers/Microsoft.Compute/virtualMachines/rhel-azure-vm-1",
      "location": "southcentralus",
      "macAddress": "",
      "powerState": "VM running",
      "privateIpAddress": "10.0.0.4",
      "publicIpAddress": "<public-IP-address>",
      "resourceGroup": "azrhelclirsgrp2"

    publicIpAddress を書き留めます。以下の手順で仮想マシンにログインするには、このアドレスが必要です。

  2. SSH セッションを開始し、仮想マシンにログインします。

    [clouduser@localhost]$ ssh  -i /home/clouduser/.ssh/id_rsa clouduser@<public-IP-address>.
    The authenticity of host ',<public-IP-address>' can't be established.
    Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
    Warning: Permanently added '<public-IP-address>' (ECDSA) to the list of known hosts.
    
    [clouduser@rhel-azure-vm-1 ~]$

ユーザープロンプトが表示された場合は、Azure VM が正常にデプロイされます。

これで、Microsoft Azure ポータルにアクセスして、リソースの監査ログとプロパティを確認できます。このポータルでは、仮想マシンを直接管理できます。複数の仮想マシンを管理している場合は、Azure CLI を使用する必要があります。Azure CLI では、Azure 内のリソースに強力なインターフェースを利用できます。Microsoft Azure で仮想マシンを管理するために使用するコマンドの詳細は、CLI で az --help を実行するか、「Azure CLI コマンドリファレンス 」を参照してください。