Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第6章 Google Cloud Platform での Red Hat High Availability クラスターの設定

本章では、Google Compute Engine (GCE) 仮想マシンインスタンスをクラスターノードとして使用して、Google Cloud Platform (GCP) に Red Hat High Availability (HA) クラスターを設定する情報および手順を説明します。

本章には、GCP の環境を設定するための前提条件の手順が含まれています。環境を設定したら、仮想マシンインスタンスを作成および設定できます。

本章では、個別のノードを GCP の HA ノードのクラスターに変換する HA クラスターの作成に固有の手順も説明します。これには、各クラスターノードに高可用性パッケージおよびエージェントをインストールし、フェンシングを設定し、ネットワークリソースエージェントをインストールする手順が含まれます。

前提条件

またはプロジェクト管理者がカスタムサービスアカウントを作成する場合、サービスアカウントは以下のロールに設定する必要があります。

  • クラウドトレースエージェント
  • コンピュート管理者
  • コンピュートネットワーク管理者
  • クラウドデータベースユーザー
  • ロギング管理者
  • 監視エディター
  • 監視メトリックライター
  • サービスアカウント管理者
  • ストレージ管理者

6.1. 必要なシステムパッケージ

本章の手順では、Red Hat Enterprise Linux を実行しているホストシステムを使用していることを前提としています。この手順を正常に行うには、ホストシステムに以下のパッケージをインストールする必要があります。

表6.1 システムパッケージ

パッケージリポジトリー説明

libvirt

rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms

プラットフォーム仮想化を管理するためのオープンソース API、デーモン、および管理ツール

virt-install

rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms

仮想マシンを構築するためのコマンドラインユーティリティー

libguestfs

rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms

仮想マシンファイルシステムにアクセスして変更するためのライブラリー

libguestfs-tools

rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms

仮想マシン用のシステム管理ツール (guestfish ユーティリティーを含む)


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。