Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

1.3. Microsoft Azure のベースイメージの設定

ベースイメージには、Azure で Red Hat Enterprise Linux 8 仮想マシンイメージとして機能するための設定変更が必要です。以下のセクションでは、Azure で必要な追加の設定変更を説明します。

1.3.1. Hyper-V デバイスドライバーのインストール

Microsoft は、Linux Integration Services (LIS) for Hyper-V パッケージの一部として、ネットワークおよびストレージデバイスのドライバーを提供しています。Hyper-V デバイスドライバーを Azure 仮想マシンとしてプロビジョニングする前に、仮想マシンイメージへのインストールが必要になる場合があります。lsinitrd | grep hv コマンドを使用して、ドライバーがインストールされていることを確認します。

手順

  1. 以下の grep コマンドを実行して、必要な Hyper-V デバイスドライバーがインストールされているかどうかを確認します。

    # lsinitrd | grep hv

    以下の例では、必要なドライバーがすべてインストールされています。

    # lsinitrd | grep hv
    drwxr-xr-x   2 root     root            0 Aug 12 14:21 usr/lib/modules/3.10.0-932.el7.x86_64/kernel/drivers/hv
    -rw-r--r--   1 root     root        31272 Aug 11 08:45 usr/lib/modules/3.10.0-932.el7.x86_64/kernel/drivers/hv/hv_vmbus.ko.xz
    -rw-r--r--   1 root     root        25132 Aug 11 08:46 usr/lib/modules/3.10.0-932.el7.x86_64/kernel/drivers/net/hyperv/hv_netvsc.ko.xz
    -rw-r--r--   1 root     root         9796 Aug 11 08:45 usr/lib/modules/3.10.0-932.el7.x86_64/kernel/drivers/scsi/hv_storvsc.ko.xz

    すべてのドライバーがインストールされていない場合は、残りの手順を完了してください。

    注記

    hv_vmbus ドライバーは、すでにこの環境に追加されている可能性があります。このドライバーが存在する場合でも、次の手順を実行してください。

  2. /etc/dracut.conf.dhv.conf という名前のファイルを作成します。
  3. 以下のドライバーパラメーターを dracut.conf ファイルに追加します。

    add_drivers+=" hv_vmbus "
    add_drivers+=" hv_netvsc "
    add_drivers+=" hv_storvsc "
    注記

    引用符の前後に空白に注意してください (例: add_drivers+=" hv_VMBus ")。これにより、環境内にその他の Hyper-V ドライバーが存在している場合に、一意のドライバーが読み込まれます。

  4. initramfs イメージを再生成します。

    # dracut -f -v --regenerate-all

検証手順

  1. マシンを再起動します。
  2. lsinitrd | grep hv コマンドを実行して、ドライバーがインストールされていることを確認します。